失敗しない寿命の使い方

ぽた

序章

 窮地を目の前に、背には全てを賭しても護りたい存在。
 一歩、いや半歩でも退けば、その全てを失う予感がある。

 己の内にある恐怖をかき消すように強く、強く唇を噛んで、ただ音を叫ぶ。
 乾ききっていた口内が血で潤う感覚が、嫌に自然と心地いい。
 まだ、自分はここに生きていると実感出来る。

 既に焦土と化していた大好きな街並みに瞬間だけ目をやって、現状を再認識。
 失った多くは、目の前の敵を斬る理由としては十分過ぎる。

 錆びた鉄の匂いか、流れたばかりの真新しい血の臭いか、どちらとも区別のつかない気持ちの悪い香りが混ざって、鼻の奥の奥、脳を激しく揺さぶる。
 聞こえない悲鳴が、鳴りやまない轟音が、敵を切れと背中を押す。
 その惨状は大義や忠義といったものを全て拭い去って、ただ憎しみだけを残した。

 鞘から刀を抜き、振るう瞬間、敵と交錯するまでの緊張の一瞬が、脳を下手に冷静にさせる。
 真正面から降り抜いていれば、あるいはそんな結末を迎えずに済んだやも知れないのに。

「この偽善者め……!」

 そう叫んだのは、先に踏み込んできた敵側だ。
 血管を浮かび上がらせ、激情に駆られ、真っ直ぐに突っ込んでくる。

 刀と刀が交わる寸前で、なるべくそれ以上に手傷を負わぬよう、出来るだけ汚れずに戻れるようにと、身体を捻って避けようと試みた。
 それが全ての間違いで――

 衝突の瞬間、視界は暗転し、意識は深い闇の底へと落ちていった。

「失敗しない寿命の使い方」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く