こんな俺でも恋をする

白葉南瓜

【復讐編:悪夢の再開】第4話

学校に到着した信は、自分の教室に向かい自席に荷物などを置いてホームルームの準備を始めた。
準備中に、先生などが廊下で打ち合わせをしている中、女子四人組が教室に入ってきた。その四人組を観察すると、話し声が大きく回りに少し迷惑になっている。
メンバーは、この教室の上に位置するグループにいる女子だった。
(だから、そんなに人の迷惑を考えないで出来るのか...)
関わるのも面倒だと信は、思いながら準備を終えて、机に伏せていた。




時間は経って、ホームルームが終わり、次のやる教科の教室に移動していた。

「なぁ、信よー。今日の模擬戦ってアイツラとも戦うんだよな?」

「あ?そうだろよ、だって男女混合の模擬戦なんだし。しかも、当たりが悪かったらリア充組の男子とも当たるからなー」

信と彰は、簡単に言ってしまうと陰キャと言われる部類なのだ。
なので、そのリア充、もとい女子にキャーキャー言われている男子や、人の迷惑を考えずに行動する女子はあまり好まない。
信と彰は、適当に雑談をしていると、その教室についた。




また時は経ち、模擬戦を行なう4限目になった。
1限目は理科をやって、色々とあったが無事に終了した。

「この時間はくじで当たった者同士が、競技場に入って戦闘訓練をする」

教官の人がそう言うと皆揃って前へくじを引きに行った。男女違う箱からくじを引きその番号が同じもの同士戦う方式でやっているが、信が引いた番号が18番、その相手と言うと、信が嫌だといっていたリア充組の一人だった。
(ま、マジかよ...嫌だなー。でも、恥をかかせることぐらいは出来るか)
信が悪知恵を働かせていると、人ごみの向こう側から、男の悲鳴が聞えた。
そちらへ向かうとくじを持った男子生徒が顔を青ざめていた。
この状況は誰でもわかると通りに、成績上位者と当たった。しかも、その当たった人と言うのが、亜桜 美紀と当たったと思われる。

『誰と当たったー?』 『えー、そんなに悲鳴揚げるなら分かるだろ。聞いてやるなよ。どうせ亜桜だろよ』

周りの人たちはそう笑って話しているが、亜桜 美紀の実力は信をあそこまで追い詰めたほどある。
その光景を見ていた信も苦笑いをするしかなかった。

「むぅー、赤城君と当たりたかったのになー」

そう、頬を膨らましながらくじの結果に納得がいかない様子の、美紀が信の後ろでブツブツ何かを言っていた。

「そう言うなよ、あいつも意外に粘り強いんだぞー。まぁ、信坊と比べると、月とスッポンだけどな」

美紀の事を慰めながら現れたのは彰ではなく、神咲 由紀かみさき ゆきと言う女子生徒だった。
その後ろから彰は、鼻歌を歌いながら人ごみから出てきた。

「おー、皆様、集まってるのね。てか、信、相手誰だった?」

「俺は、加奈子だった。何時ものストレスをぶつけてやる」

「赤城君は本気を出したら人死んじゃうから、本気だしちゃ駄目でしょ」

「そうだねー、信坊は強すぎだからねー。成績上位者の私達が言うんだから」

「「「本当に強すぎだから本気、出しちゃ駄目」」」

信は、周りにいる仲の良いやつらそう言われ、少し肩を落としていると後ろから肩を叩かれ、振り返るとそこにはリア充組の、金髪モテモテの男子生徒だった。

「あー、さっきの話なんだけど、本気出してもいいよー。君なんかに加奈子が負けるとは思えないしー。本気出す前に君が負けるのは目に見えてるからー」

その男子生徒はケラケラ笑いながら信を見下していた。

「分かったよ。君たちには、死より怖い、恐怖を教えてあげるよ。覚悟しろよ」

その信が睨みつけている目は、獲物を狩るように目を光らしている狼のように鋭かった。
その眼力に負けたのか、男子生徒は、もと居たグループに戻っていった。

「最終的には本気を出す方向になってしまった...」

由紀が、呆けた顔で言った。その言葉に彰は、一言だけ相槌を打って準備に向かっていった。

「本気を出すんだったら絶対に負けないでよ」

「おう、任せとけ。お前のリベンジまでには残ってやるよ」




その後は、模擬戦が始まり、順調に回って行き信の番が回ってきた。

「頑張れよー」

その彰の声に右手を上げて、競技場に入っていった。
(此処も、美紀と戦った以来かー、懐かしく感じるな)

両者見合うようになりまわりの応援も少しずつ小さくなっていき、周りが静寂に包まれた頃に、教官の開始の合図が聞えた。
(向こうは大剣...こっちが刀。俊敏さじゃ勝るけど、威力的には劣ってるなー)
信が冷静に、対策を練っていると、最初に動きがあったのは、加奈子のほうだった。

「はやく、しないと倒しちゃうよー」

加奈子は、大剣を持っているのにその重さを思わせない位、俊敏に動いていて信は動揺していた。

「身体強化か、鈴ので見てるけど桁違いの早さだな...」

「早いでしょー?この速さだけは誰にも負けないんだぁ」

そう言って、死角から横切りをしてきた。信は、それをギリギリのところで回避して、また距離を開けるが直ぐその自慢の速さで詰められてしまった。

『あれれー、死より怖い、恐怖を教えてくれるんじゃないのー』

『うるさい!赤城君は此処からなのよ!』

外野からは、先程の男子生徒と美紀の話し声が信の耳に届いていた。
(言ってくれるね...じゃー、やってやろうかな)
信は抜刀して、腰を低く落とした。

「ふぅー、【三日月流抜刀術一ノ型《白月一閃》】」

そう言って、間合いを詰めてきていた加奈子の横をすり抜けるように走り、刀を切りつけると、加奈子が持っていた大剣と当たり大きな金属音が競技場に響いた。

「な、なんで!?この速さの大剣を受け止められる刀が在るはず無い!」

「この技は、椿さんから前に教えてもらった抜刀術の一つ。相手の武器の中心を捕らえてその威力を受け流すように刀を当てる。まぁ、俺の場合、抜刀術じゃないんだけどね。抜いてるから」

その事を余裕に話していると、何かを感じたのか加奈子は、自分から距離をとった。

「さて、君には恐怖を知ってもらおうかな...【鬼眼・桜花】」

そう言うと、周りの空気はなにかに支配されたかのように静まり返った。
(美織の本当の名前を使って鬼眼を発動させるだけでこんなに違うのかー。凄いな)
(今回も僕か、たまには姉上も使ってあげないとショゲルよ?)
(大丈夫あとで使う気だから)

美織と、その話をしていると怖がりながらも加奈子はまた走って距離を詰めてきた。

「これでも喰らえー!」

信は、抜刀していた刀を納刀して、また抜刀の構えを取った。

「【三日月抜刀術二ノ型《桜回し》】」

また大剣の中心に当てて、怯んだときに回転してその勢いを利用して大剣を弾き飛ばした。

「こんなんなやつにやられてたまるかー!!!!!」

そう加奈子は言って大剣を拾ってまた切り付けてきてそれは、信に直撃した。

「やった!これでやられろ!」

当てた勢いを使ってそのまま切り裂こうと力を入れたが、加奈子の剣はそれ以上進まなかった。

「なに?それで終わり?俺に一つも傷つけれてないじゃん」

信は、その事を笑いながら言うと、加奈子はその実力差を知ったのかその場に崩れた。

「チェックメイト、だね」

その決め台詞を言った後に、戦闘の終了の合図がかかった。
この模擬戦は、信の勝利で幕を閉じた。




「ねぇ、なんか、面白そうなことやってるね」

「そうだな。だけど手を出すのは早すぎるから止めろよ。な、そうだろ?」

「あぁ」


【鬼眼・桜花】
鬼眼を使う上で、通常の鬼眼とは異なるもの。
違う点として上げられるものが、名前、力、契約者が通常のものと異なる。

「こんな俺でも恋をする」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く