こんな俺でも恋をする

白葉南瓜

【復讐編:悪夢の再開】第1話

鈴の父親から、色々情報を貰ったあとに、何度か面会をしたが場所までは教えてもらえなかった。
(やっぱり、場所は自分で探さないとだよな)
そんな事を考えながらゼロの事務所に入ると椿さんが焦った様子で書類をまとめていた。

「どうしたんですか?探し物ですか?」

「いやー、ヒビキちゃんの調査書が無い...これがないと色々と面倒になるんだ。特に奏に叱られるのが」

椿さんはそう言うと俺のほうへ顔を向けたが、向けた瞬間顔が真っ青になった。
後ろを見るとうすうす気付いていたが、奏さんが目を細めて笑っているが目が笑ってなく、お怒りなのが直ぐ分かった。

「椿ー、ちょっと来ようか」

そう奏さんが言うと椿さんは、肩を落として借りてきた猫のように大人しく着いて行った。その後、隣の部屋からは奏さんの声と椿さんの悲鳴が聞えてきた。
それを聞きながら苦笑いしていると、鈴が能力の検査から帰ってきてタンクトップのまま此方へ歩いてきていて、俺がいることに気付いてから、そのタワワなお胸を腕で覆った。
(あ、俺も検査してこないと)

「し、信...お、お父さんと話してて何か分かった?」

「わかんないや...その組織の居場所は自分で調べるしかないから、手当たりしだい探してみるよ」

「私も手伝うよ?」

「いや、いいよ。この問題は俺の能力ちからと家のことだから鈴にまで負担はかけたくない。俺、検査行かないとだから」

そう言って、鈴の横を通って検査室に向かっていった。




信が検査室に向かってから、事務所に残されたのが私だけになったから、散らばっていた書類を選別しながら片付けていたら、一つ気になる書類があった。
(ヒビキちゃん...失踪か誘拐の疑惑?最近、見ないと思ったらこんな書類が配布されてたのか...)
その書類を詳しく読んでいる時に隣の部屋でごたごたしていた椿さんが戻ってきた。

「椿さん、この書類って?」

私がそう言って、その書類を椿さんに差し出すとそれを受け取って、周りの書類を漁り始めた。

「この近くに、もう一枚無かった?」

「これですか?」

その書類にはヒビキちゃんの魔法や体調などが書かれているものだった。

「そそ!ありがとね!」

「いえいえー」




俺は、検査室で採血やレントゲン、能力の力などを調べられている時に、考えていたがふと思い出したことがあった。
(あれ?深紅って昔、俺入ってたな...)

「信さん、検査終わったのでいいですよー。あ、言い忘れるところだった」

「どうしました?何か引っ掛かりました?」

俺の能力はたまに規定値より上回っており注意されることがあった。

「いやー、引っ掛かってると言うより、鬼眼の使いすぎで左目の視力が失われていってるので気をつけてくださいねってことです」

「え?何で左だけなんですか、俺は両目の使用なんですけど?」

「あー、何でかって言うとね。君、少し弱くして左目だけ発動さしたでしょ?」

その事を言われて、気を振り返っていると心当たりがあった。美紀との最初の戦いに使ったな。

「はい、使いましたよ」

「鬼眼は両目ようの能力といっても間違いないんだよ。だから片眼でやるとその視界の情報を片眼だけで処理するからもう片方の分もするんだよ」

その事を聞いたあとに、今後気をつけることを言って検査室を出て行った。
あと、もう一つ思い出したことがあった。それは剛島さんに「犯人を殺す」といったが最終的に殺さないことになったな。
くだらない事を考えながら事務所に戻って、書類を漁っていると、目的の書類があった。

「これだ、まだ使われてるってことは...ビンゴかな?」

その場所は、零が苦しめられて俺が生まれたところだ。
そう研究所。

信は自分の故郷を潰す事を決意した。

「こんな俺でも恋をする」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く