こんな俺でも恋をする

白葉南瓜

全ての始まり

再戦を宣言した後は、両者その場を譲らなかったが最終的には引き分けで終わった。
今の状況は俺の首には槍の先が、美紀の脇腹には薙刀の先がと言う状況だった。その状況で俺の後ろには椿さんが、美紀の後ろには知らない女の人が俺らを抑えていた。

「椿さん、何で?」

俺は、そう訊くと椿さんは驚いていた。
その後、椿さんは俺達を離れさして別々な場所に移動した。

移動した場所は校門にいった。
校門に移動すると、椿さんは「今日はもう帰るぞ」と言うことで、駐車場に連れて行かれた。車に乗り発進したところから椿さんが口を開いた。

「今日はゼロに戻ったら能力の検査するから家に戻って、7時頃にきて」

「わ、分かりました」

その後の会話は無く、車内にはエンジン音だけが続いていた。

東京の部署についたときに椿さんは誰かと電話していたがその顔は少し険しかったが、椿さんに先に行ってといわれたので何があったのか知らずのまま警視庁の中に入っていた。
中に入ってカウンターを抜け、直ぐ左にエレベーターがあるのでそれに並んでいると少し周りがザワつき始めた。それと一緒に目線を感じるようになった。
(なんだ?さっきのやつと関係あるのか?)
俺の近くでも何かを喋ってるようだから、それに耳を傾けたら何を喋っているのか意外に分かる物でその話は...俺の親戚を皆殺しにした犯人が捕まったらしい。
だから、俺の周りがざわめいていて、目線を感じたのもそのせいだろう。

「此処の近くの牢屋に入るらしいぜ」

「やっとこ見つかったんだなー。だけどよ、まだ家族は見つかってないんだろ?」

「どうせ殺されたんだろ?」

そんな会話を無視してエレベーターが着いたので直ぐに乗って、B1のボタンを押した。

B1について、自分が配属されてる部署にいってる間にすれ違った人たちも俺に目線を向けてきて、少し哀れみを感じた。
(昔のことだから、あんま気にしてないんだけど...犯人とは話してみたいな)

そんな事を思いながら、部署の扉を開けると、そこには奏さんと鈴が座って深刻そうな顔つきで俯いていた。

「こんちゃー。どうしたんですか?死んだように黙って」

その事を言うと、奏さんは鈴に近づき肘で突いていた。
奏さんが席に戻ると鈴が俺の所まで来て口を開いた。

「少し時間いい?」

「おう?あぁ、犯人の件?鈴に話したっけ?どうせ、椿さんとかだろ、話したの」

そう言うと、少し困った顔で見つめてきたから俺は少し首をかしげたら、裾を掴まれてもと着た道を戻っていって屋上まで連れて行かれた。

屋上につくとそこは誰もいなく下の車の音や話し声が聞えるぐらいの静寂が漂っていた。

「なんか、懐かしいなー、二人っきりってのも久々じゃないか?」

「そ、そうだね...」

鈴は何か言いたそうに唇を結んで目線をずっと下にしていた。

「何か、言いたいことでもあるのか?俺でよければ聞くぞ?」

「あのね...ずっと黙ってたんだけどね。私の旧姓って[大和]なの」

その事を聞いてから、何度か疑問が頭をよぎったが1階にいたときに話していた話にも[大和]というワードが出ていた事を思い出してそれに関係あるのか聞いてみた。

「皆が話してる件に何か関係あるんだな?」

「...私は、信君の親戚の人たちを皆殺しにした人の娘なの...」

鈴から告げられた真実に信は、追いつけづに居たが少しずつその話の内容を理解しようと頭を回転さしたが、あまり回らず気付いたら信は鈴に刀の先を向けていた。

「やっぱり割り切るなんて無理だな」

信が刀を向けても鈴は抵抗しないでそのまま信の行動を受けるつもりで手を広げた。
だが、信は刀の先を向けているが動こうとはしなかった。

「ここで、鈴を殺しても何も変わらない...変わらないどころかアイツと同じになる。会わしてくれ、鈴のお父さんに...これで決着をつける」

信のその言葉に鈴は頷いて、信は刀を納めた。

「こんな俺でも恋をする」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く