こんな俺でも恋をする

白葉南瓜

新たな舞台へ

目を覚ますと、そこは知らない天井が視界に広がった。
(あ、そうか。俺、気を失って...此処何処だ?)
そう思いながら、首を横に動かすと目の前に立っていたのは体つきがいい、男の人が立っていた。

「お、目を覚ましたか。体の調子はどうだ?」

その声を聞いてから、分かったがその男の人の正体は椿さんだった。

「はい、一つだけ確認いいですか?」

「おう、なんだ?」

「何日位寝てたことと、此処何処ですか?」

「あ、そんなことか、此処はお前の母国の日本。普通に飛行機の中で一日、此処で一日寝てたから丸二日だな。いやー、お前は凄い少女を連れて帰ってきたなー」

椿さんは、少し茶化すように言ってきたが、そのれが誰の事かうすうす気付いていたが、右に視線をやるとそこには、スゥースゥーと寝息を立てている、白髪の美女がいた。
それは、誰とも言わずヒビキだった。ヒビキは朝の涼しい風で髪をなびかせて気持ちよさそうに寝ていた。

「この子、こっち側着いてからもお前から離れないで看病してたぞ。まぁ、その間あそこにいるお前の彼女を抑えるのが大変だったがな」

椿さんは、口を手で押さえて笑うのを必死に我慢していた。
ドアの方を見ると、ジト目で此方を見てくる、童顔に似合わず、たわわなお胸の持ち主の鈴が此方を見てきた。

「すいません、ヒビキいいですか?」

「ほぉ、ヒビキちゃんって言うんだな...おう、任せろ」

そう言い、椿さんは奏さんにヒビキをどかしてくれと頼んだ。奏さんはヒビキを起こさないようにそっとソファーに移動さした。
(大丈夫ですよー。その子、何しても起きませんから。髪の毛いじったり鼻つまんだりしても起きなかったから)
俺は、鈴のほうに向き、両手を広げて来ないのと言う感じで首をかしげると、鈴は少し戸惑ってから椿さんに背中を押されて、促されやっとこ此方へ来た。
その様子は、大好きな飼い主を見つけた犬のようだった。

「信。お帰り!」

「おう、ただいま」

そう言うと、鈴は俺の腕の中に収まった。
だが、少ししてから俺から離れて、考えていたがその考えがまとまったのか、うんと頷いて右手を振りかぶった。

「え...?」

その一言が漏れた後に左頬に激痛が走った。

「信が悪いんだからね!国回ってる時、一回も電話かけなかったし、しかも知らない女の子も連れてきて!」

鈴が、俺に文句を言っている後ろで椿さんと奏さんは、「懐かしいね」や「青春だねぇ」と茶化していた。

それから時間がたって、各々仕事やら何やらに向かって途中で起きたヒビキは奏さんに連れられて何処かへ行った。

「さて、信よ。君は、色々と面倒ごとに巻き込まれたぞ」

「俺がいないときに何したんですか?」

「君が、向こうで【鬼神解放】さしたのは知っている。そのせいで君は俺と同じ『第一危険人物』に指定された。簡単に言うと日本の政府の中で五本の指に入るお偉いさんから危険人物認定されたわけだ」

「マジかー」

俺は、そのことで膝を抱えてため息をついていたら椿さんが話を続けた。

「まぁ、聞け。それでだ、君には俺も昔入った学校に入って能力のことについ学んでもらう」

「え?俺もう三年の半ばですけど...そこら辺は?」

「あ、その辺は気にするな。ほれ」

椿さんが投げてきた物は、俺の学校の名前が書いてある書類だった。
そこには、退学願いと言う字が書いてあった。

「え?試験とかは?」

「こら辺も気にするな。危険人物って認められてたら、何もしないでは入れるから」

「マジかよー!」

そんなことで、来週から俺は高校一年生からやり直しです。

友達百人できるかな?ね、信君(笑)

「こんな俺でも恋をする」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く