こんな俺でも恋をする

白葉南瓜

別れとその力

零がクロユリを抑えてると、クロユリが此方を睨んできてるのが見えていた。
その睨んできている目から逃げないようにその目をまっすぐに受け止める。そうすると、小動物や精神が不安定な人間はそういう目をしてる時に目を見つめられると、心の余裕がなくなり怒りが増す。
「お前!何だその目は私に喧嘩売ってんのか!」
「今回だけな。お前は鬼だろ?だったらそんなに感情的になるなや。子供か?」
そう言うと、クロユリは零をどけて此方へ向かってきた。その様子を見て零は呆れた様子もせず驚いた様子も無かった。
たぶん、俺とクロユリのどちらも試しているのだろう。
「殺すぞ!」
「やれるモンならやってみろよ」

そう言うと零は神社に戻りそこで俺とクロユリの戦いを見守っていた。

「やるんだな?」
「ここでお前と私で上下決めようや!」
その言葉を合図に戦闘が始まった。
最近は、適当にほのぼのしすぎていたのでクロユリの動きについていくのだけで苦労した。そのクロユリと言うと両目が赤く染まり首の辺りまで左頬に呪文のような物がかかれていた。攻撃の仕方は、よく分からない。俺がいたところがいきなり粉々になって見えないものが飛躍してきているようだ。
「本気で行く!《鬼眼》」
鬼眼を使ってからクロユリの攻撃方法が見えた。その光景には驚いたがその表情も苦笑いに変わっていった。
何故なら、クロユリの腰あたりから赤黒い尻尾のような物が生えていてうねうねと動いていた。その尻尾のような物は先が鋭利になっていて二本クロユリの近くにあった。
次、どう動こうか迷っているとその尻尾が動いて薙ぎ払いを繰り出してきた。
それを紙一重の所で避けていると足元に一本の刀が落ちていた。
「これは・・・」
その刀は、零から受け取った【闇暁・桜椿[鬼瓦]】それをとったとき一回強く心臓が脈打ったのが分かった。その刀が力をくれること感じながら、頭に一瞬浮かんできた文字を口に出していた。
「我、鬼ノ神ナリ。その力を持ち一を十、十を百にし、その力でこの争いを終わらせるために鬼になる」
自分でも何を言ってるのか分からなかったが、その言葉を言い終わった後に刀を鞘から引き抜くと刀身から桜と椿の花びらが散り、その後に刀身が紅色に染まった。
耳元で、見に覚えの無い声が聞こえたが何か懐かしく感じた。
「君は、鬼か神かそれとも両方か・・・どれを望む」
「俺は、・・・を望む」
そう言うと、刀身が赤く光、俺の体を包み込んでいった。包み込んだその光が弱くなると、俺の体の周りには赤いオーラが纏って赤い粒子が湧いていた。
「お前が、認められるなんて・・・なん、で。何で、零じゃなくてシンを認めたんですか!?幽鬼!」
「何がなんだか分からないが、今ならお前なんてへでもないと思う」
刀身を鞘に納めて、抜刀の姿勢に構えてそのままクロユリの元まで駆け出した。その間も尻尾は俺に襲い掛かってくるがそれを柄を使って捌くか紙一重のところで避けるかを繰り返して避けていた。
クロユリの懐にもぐりこんだ時にクロユリが「この呪いをお前は受け入れられるか、楽しみだ」それは一瞬のことでクロユリの体に刀身がはいると妖刀なのかすんなりと体が真っ二つになった。

クロユリが真っ二つになった後、少したってから赤い粒子になって俺の体にはいってきた。
「こ、これは・・・」
この現象は、さっきの妖刀の時と同じだ。
「それは一体化、鬼眼が本物になるんだ」
その顔は少し寂しそうな顔をしていた。その理由は少し分かる。ずっと一緒にいた家族同然のやつが死んだんだ、しかたない。
「あとは、俺も取り込んでくれれば。君は、神でもなく鬼でもない全てを望んだんだね。何を望んだか教えてくれるか?」
「俺は・・・」
その事にためらうでもなく恐怖感や不安を抱いたわけじゃないのに言うのにためらった。その心を決心して零の目を見つめて言った。
「俺は、鬼神・刃灯になる。と言うことで、この刀とお前のその力貰う」
零の瞳に写る自分が見えたとき、俺はまた苦笑いをしていた。その苦笑いから真剣な表情になって刀を振り上げると零は目を閉じて覚悟を決めたようだ。「行くぞ」そう一言声をかけると、うんともすんとも言わず暗黙の了解だった。
振り下ろした時にクロユリと同じで「ありがとう」と一言残していった。
俺は零を取り込んだ後に鳥居に向かって歩いて行った。鳥居をくぐる前に井戸があったのでそこで自分の姿を再確認すると、髪は一部白色、瞳は、黒色の中に薄く赤色があった。
鳥居の前で一回止まって刀を腰に帯びて、クロユリの言葉の意味が少し分かったので、その呪いとやらに抗ってやるかとか適当に考えて、鳥居を潜った。

その力は、彼に対しては仏か鬼か・・・

「こんな俺でも恋をする」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く