こんな俺でも恋をする

白葉南瓜

選択

私は、あの後もビシバシしばかれてから休みをもらって今休んでいる。
「よく、持つよねー。鈴」
「そんなにすごい人なの?」
「そうだよー、うちの中じゃ階級は下だけどトップの人たちも頭が上がらない位だからねー」
隣に座っていた舞に話しかけられて、ほへーと適当に相槌を打っていた。
「なんで椿さんは、階級上がらないの?」
「なんて言うかなー、罪滅ぼしなんだって、上に行ったって救える様になる訳じゃないって言って」
その話をしていたら休憩時間が終わったので椿さんの所まで行こうとした時に、通路で奏さんと話している声が聞こえたのでそちらに行こうとしたら、真剣な話だったので出遅れてしまった。
「たまには、お墓にさ顔出してあげなよ」
「出してる暇があったらさっさと零を止める。じゃないと、いつかヤバいことになる」
その話を聞くことに夢中になっていて少し後ろに下がったら足を絡めてしまって転んだら、やはりバレてしまった。
「何をそこでしてるんだ鈴」
「い、いや。盗み聞をしようとしたわけじゃなくて…えっとー」
「説得力がないぞー。はぁー、早く行くか」
私は、椿さんの後について行った。
「良かったんですか?」
「何が?」
「大事の話だったんじゃ…」
「やっぱり、聞いてたんだ」
「すいません」
私は、わざと聞いた訳ではないが嫌なことらしいから謝罪した。
「まぁー、後々その事も話さないとな」
椿さんはボソリと一言言って白い部屋に入って行った。


 いつも通りに特訓をしているのだが、体にキレがないのと違和感がある。
「ほら、よそ見しない!こんなんじゃ信に勝てないよー」
私は、違和感などを気にしないようにして特訓に集中した。
だが、最終的にキレがないのが悪くて椿さんに背後を取られて一発やられてしまった。おまけに当たりが悪くて気絶してしまった。


「痛たー、ってここ何処?」
私が目を覚ました場所は何もなく夕焼けで真っ赤に染まった空が広がる神社の階段に座っていた。
「あれれー?君は誰?」
そこには、真っ白な長い髪の女の子が立っていた。
「その前に此処は何処?」
「えーっとねー、此処は精神世界。本当は君のじゃないんだけどね。で、君は誰?」
「私は、天城 鈴」
「鈴ね、よろしくー、私はスサノウだよー」
自己紹介が終わったところで私は気になったのだが、スサノウの前に一本の白い刀が刺さっていた。
「なんで、こんな境内の真ん中に刀が刺さってるの?」
「あー、その刀は此処の人が抜いて行かなかった刀なんだけど、持ち主は私だよー。刺してるのは気分!」
「へ、へー。名前は?」
「《スサノオ》、似てるけどね」
その刀に触れようとするとスサノウが私の前に立って触れるのを邪魔してきた。
「握りたいなら選択して」
「何を?」
「君が救うか、救われるか。君が殺すか、殺されるか」
「何それ…」
私は、その言葉の意味を分からないままいた。だけど、スサノウの目は真剣な眼差しだった。

精神世界、精神の世界。だったら私の心や思考を読む事だって出来るかもしれない。
救う、それは信を。救われる、それは椿さんに。殺す、それも信を。殺される、信か別の誰かに。
「私を殺すのは、誰か教えてくれる」
「それは、君が思ってる通り信か別の誰か、その別の誰かは、私に」
スサノウはその言葉を微笑みながら言った。
「殺すってどうやって、貴女は精神世界に居る」
「感情や人格などを食って」
その言葉も微笑みながら言った。だが、そんな事を聞いても私は元々考えは決まっている。


「私は、救う!」
その言葉と共に手を《スサノオ》に伸ばして握った。
握った瞬間、耳元でスサノウが囁いた。

「楽しませてね。大和 鈴」

「こんな俺でも恋をする」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

  • 梅雨姫

    スサノウ速いっ?!
    武神の名前って燃えるなぁ

    1
コメントを書く