こんな俺でも恋をする

白葉南瓜

真実の扉の前

気づくと、目の前は真っ暗になっていた。
「あれ?俺、確かビルの上で移動してたはずなんだけど」
そう一言呟いてもなんの音も聞こえなかった。
簡単に言うならば防音室にいる気分だ。
一人で悩んでいると、目の前が明るくなった。
目が覚めた場所は前居た研究所だった。そこでは、自分がベッドの上で大の字になって実験を受けていた。
その実験は、酷く一度も経験した事がない実験の様子だった。
「…何なんだよこれ」
その一言を言った時にまた暗転した。
「助けて」
暗転する時そのベッドの上に居た男の子が言った気がする。




次、明るくなった時は自室にいて一人隅で泣いている時だった。その事も記憶になく、俺はその場で頭を抱えてしゃがみ込んでいた。
「俺は何なんだ…」
察しがついてしまった。俺、『赤城 信』と言う人物は最初から『存在』していたのではなく後から作られた『存在』なんだと。


次に気づいた時には、現実に戻ってきていた。
目の前に広がるのはいつも知っている自室の天井だった。
それにしても、何か違和感があるな。
俺は違和感にあることに気づいて周りを見渡すと、その正体が左側にあった。
その正体は、小動物を連想させる程の可愛い寝顔だった。
「何で、天城さんが居るの?」
その言葉を言ったら、目をパチクリさして天城さんが起きてきた。
「おはよう、零」
「おい、寝ぼけてるんじゃない誰だよ零って」
「あ、信君か」
「さっさとどいてくれないと俺の息子が爆発しちゃうんだけど」
俺は、朝っぱらから何ちゅうことを女子に言ってるんだ。
天城さんは、その言葉に顔を赤く染めてベッドからどいてくれた。

今日は休みなので良かったが休みじゃなかったら学校を一緒に行く羽目になっていた。本当に良かった。
そんな事より、俺は一つどころかいっぱい疑問がある。
まず、初めに気絶していたのに何故こんなに身体が怠い。二つ目は、捻挫した様に左手首と右足首、脱臼した様に右肩、右膝が痛いの?
あれ、意外に疑問少なかった。
くだらないことを考えつつ服を着替えていた。
「お、終わった?」
「いいよ、天城さn」
「鈴でいいよ」
さっきまで恥ずかしがっていたのか少し頬が赤くしながら、照れながら笑っていた。
可愛い。
俺はふとそんなことを思った。
「鈴、昨日何があったか教えてくれない?」
「いいの?混乱するかもだよ?」
強く縦に頷いた。


それが、どんな理不尽な現実を押し付けられようと俺はそれに抗う。

「こんな俺でも恋をする」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く