こんな俺でも恋をする

白葉南瓜

覚醒

ビルの間では空気が悪いので大通りに出て歩いてすぐの所にあるファミレスに来ていた。
「えっと、信君の裏人格の方ですか?」
「ひはふ、そのほとはこりぇ飲み込んだあほでいい?」
その言葉に私は苦笑いして飲み物を口にした。
信君もどきが食べ物を飲み込んで一テンポ置いて話を続けた。
「詳しく話すと長くなるけど、噛み砕いて話すと信って言うのが僕の裏人格なんだと思います」
その事に飲み物を置いて真剣に聞き始めた。
その動作を合図に信君もどきがまた話を続けた。
「まず、自己紹介からで、自分は赤城 零です。以後お見知り置きを」
「こちらこそ、私は天城 鈴です。自己紹介も終わった事なんでもう少し詳しくお願いできます?」
「鈴さんは、僕とタメなので敬語はいいですよ。自分は敬語が癖ついてるんで」
その言葉に頷いた。
「えっと、詳しくの話は先ほども言ったとおりに長くなるですけど、まぁーいいか。信が生まれたのは研究室に入ってから3ヶ月位経った時でしたかね…」
————————————————————
研究員が、研究のためだとかなんとか言って拷問、投薬の繰り返しを受けていて僕には1つの能力が開花しました。
その能力は強過ぎてその時の僕には扱えない能力だったんです。もう一つ、分かったことが能力はその一つだけではなく、もう一つ開花していたんです。それが今信が使ってると思われる『神経強化』です。
その時に信が生まれました。
研究員はその事が分かった途端に信の人格を引き出す様に実験を繰り返していくようになり、その実験が成功して今に至る感じです。
————————————————————
「一つ質問なんだけどいい?」
「はい」
「じゃーなんで、今零は此処に出れてるの?」
実験が成功したなら零は出てこれないはずなんだね。そこが気になっていた。
「実験は成功しました。ですが、『僕』と言う人格は消えずに心の奥底に埋もれていたんです」
「じゃー、零の能力って何?昔は強過ぎて使えなかったんだよね?だけど、今なら使えるんじゃ無い?」
「百聞は一見にしかずですね。場所を変えてからお見せします」



場所は、ビルの間を抜けて空き地の様な場所に出た。
「へぇー、良く知ってるねー、こんな場所」
「あははー、感なんですけどね」
そんな笑い方をした後に見した表情は少し真剣になっていた。
「じゃー、やりますので少し離れてください」
その指示に従って、4歩位後ろに下がった。
「ふぅー」
零は一度大きく息を吐いた。この空き地の様な場所は何故か分からないが大通りからはそう遠くないのに異様な静けさが漂っていた。
「行きます。『鬼眼』」
その一言を言うと同時、零の周りにある赤黒い粒子が集まっていった。

その粒子が集まり終わると、両腕には血管が浮き出た様に赤黒い線が出来ていて、左頬には何かの文字が書いてあるが読めなかった。
後、一際目立つのが両目が赤くなって髪の毛の一部が白くなっていた。

「こんな俺でも恋をする」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

  • 春風 めると

    どんな能力だろう、、、更新楽しみに待ってます!

    2
コメントを書く