こんな俺でも恋をする

白葉南瓜

その先に

学校から帰ってからは、出された課題などを済ましてスマホと睨めっこしていた。
その理由は、今日の帰りにrineのアカウントを貰ったからだ。今夜も仕事があるから、『違うやり方』が俺もまだ分かってないから一緒に行ってくれないか誘おうか迷っている。
「あー、も!」
俺はそお言いスマホをベッドに投げつけた。


時間帯は夜になり帰宅ラッシュが始まってい
た。
俺はそのラッシュをビルの上から眺めていた。
「あの人混みから行くのは目標を見失うからビルの上からと思ったが案外ビルとビルの間か遠いい」
そんな事をブツクサ言っていたらスマホから通知が来て、目標が行動し始めた。
「俺も移動するかな」
一言つぶやき、助走をつけてビルとビルの間を跳んで渡って行った。
結構余裕じゃん。


だが、あと少しと言う所で足を滑らした。
運良く、低いビルだったので軽傷で済んだが、頭を強打してしまった。
————————————————————
スマホを開くと通知が来ていたのでその通知を開いた。
今まで寝ていたので気づいていなかったが信君からのrineのメッセージが届いていた。
「あ、この内容は…」
私は、怒られるのを覚悟して家を急いで出て行った。


どの位経っただろうか、多分30分は経ったよね?
信君が居ると思われる裏路地に着いた。そこでは、頭から血を流して雲しかない空を見上げていた。
「信君、ごめんね。寝ちゃってた」
「……」
私は、謝罪をして近寄ろうかと思った時に気づいた。
少し信君との能力の波長が違っていた。



「信…く、ん?」
「あー、ごめん。僕は君のこと知らないんだけど誰ですか?あと信って誰ですか?」

「こんな俺でも恋をする」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く