こんな俺でも恋をする

白葉南瓜

すれ違い

私は小さな頃、誰もいなく一人寂しく真っ白な部屋に気づいたらいた。
そこには定期的にご飯を持って来てくれる人が居た。その人は何時も私に面白い話や事をしてくれて居た。だが、それもいつの間にか無くなっていた。
初めてその部屋から出たのはいつ頃だろうか、小学2年生位になってから外の世界というものを知った。
そこの研究員は私にみんな優しかった。

その優しさこそ私にとっての慰めや哀れみなのだ。
優しくしていてくれたのは親が此処に私を預けて研究材料にしたらしい。
外に出てからは、みんな優しかった。だけど、その優しさが本物の優しさなのか、分からなくなってどんどん暗い性格になっていった。これが、私の過去である。
—————————————————————————

気づいたら戦闘になっていた。俺はこいつの能力を知っていないからずっと能力を使っては切っていた。
「何でこんな事をするの!?」
その言葉に帰ってくる返事は無く代わりに蹴りが返ってきた。それも能力を使って回避しようとしたが、軌道が変わって脇腹にヒットコースになったから左腕で防いだら骨が凄い音を出しながら体が吹っ飛んでいった。
この事に頭を回転さして「天城 鈴」の能力を予想した。
攻撃を回避していきその事を考えていると女子じゃ出せない位の力がこんなに軽々と出せてるってことは身体強化かな?
そんな事を考えていると自分が得意な間合いに入って来たので「天城 鈴」の胸ぐらを掴んで背負い投げをした。
「やっぱり、一筋縄じゃいかないかー」
投げた瞬間、手をついてその場で体を空中で3回捻ってそのまま綺麗に着地をした。
「もう一回問うけど、何で攻撃するん?」
2回目の問いでやっとこ口を開いた。
「怖いの、君がクラスメイトを殺したのは知っているから」
俺は、その言葉を聞いてもなお目を逸らさず鈴の目を見続けた。
「そんな事をしないでも、何か解決方があるんじゃないの!」
「そんなん、あったら教えて欲しいわ」
俺はその一言を言ってその場を後にした。

俺はその言葉に何も返さなかった。いや、返せなかった。彼女の言葉から逃げたのだ。

こんな事より最善な事なんてあるはずがないのだから。
—————————————————————————
俺は、彼女を信じられない。
私は、彼を信じてみたい。



彼と彼女の物語は交差していく。

「こんな俺でも恋をする」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く