こんな俺でも恋をする

白葉南瓜

2回目の出会い

今朝、天城さんと登校して来た事がもう噂になって居たらしく教室に入ると男子からの視線で心が苦しくなった。


ホームルームが終わり一限目の授業が始まるときに、天城さんに話しかけられた。
「次の休み時間良い?」
天城さんは、上目遣いをして少し目を泳がせながら言ってきた。そんな言い方されたら断ろうにも断れないでしょ。
「わかったよ」
一言だけ返すと、天城さんは表情を明るくして自席に戻って教科書を出し始めた。だが、その表情もすぐ無くなり、泣き目で此方に向き直った。
授業が始まると昨日みたいに、視線が先ほどより冷たく死ぬんじゃないかと思った。
それは、教科書を出そうとしていたら、一限目の教科書を家に忘れたらしく、見せてあげている。だが、昨日みたいに、貸してるのでは無く今回は、俺も苦手な範囲だから密着している。天城さんは肩幅や身長は小さいのだが視力が低いらしく近づかないと見れないらしく密着している。眼鏡も家に忘れたらしく呆れるしか無かった。


授業が終わると、天城さんに引っ張られて屋上まで連れてこられた。
「話ってのはね…」
天城さんは、下を向いてためらって言ってきた。なんだ、これは告白か!?
いきなり、顔を上げて一呼吸おき口を開いた。
「私、能力者なの。君と同じで」
そのことを聞くとすぐさまバックステップして一メートル半位距離を置いた。
「何で、俺が能力者だって分かるの?」
「それは、目がそうだからだよ。私のお父さんと似てるんだよね」
そんなことで判断できるのは、感心した。
「で、何でそんなことを俺に教えるの?」
「同じもの同士仲良くしようと思って」
天城は、微笑んで顔を上げてそう言ってきた。だが、その裏腹に俺はその笑みを信じて良いのか不安になっていた。
「天城 鈴」は、その微笑みの中にどんな意味を持っているのか、この「仲良くしようと」いう言葉には助け合うと言う意味なのか、わからなくなって俺は判断が遅れた。
前を見ると天城の姿は無く地面には影が出来ていたから上空を見ると飛翔して拳を構えている姿が目に入る。




やはり、他人ひとを信じるのは無理だ

「こんな俺でも恋をする」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く