片翼の天使と僕とあの1年

夜桜巫女

プロローグ

 とある居酒屋から、いつも通りの怒鳴り声が聞こえてくる。その声の主は、店主だ。
 その傍らで怒鳴り散らされているのは、学生であろう男性。
 こんなことは、この店では日常茶飯事だ。
  「こんなことも出来んのか…!!!!!何度言われたら出来るんだよ!!!!!」
  「すみません…すみません…次…頑張りますので…」
   「当たり前だ!!!!!…ったく…最近の子ってどいつもこんな感じかねぇ…はぁ……」
 暗いオーラを放つ、男性は平謝り。反対に店主は、わざと聞こえるように言っているであろう悪口と、わざとらしいため息を男性へとぶつけ去っていった。
  「……」
 男性は、ただただ怒られるしか無かった。自分が無欲だと自覚しているから尚更だ。


 閉店間際になってくると、客足も減る。時間は、深夜の0時になろうとしていた。
  「おい!こんな時間だ、客が来ても俺一人で回せる。おめーはもう上がりな」
 店主が時計を見ながらそう告げた。
  「わかりました。それでは…失礼します…」
 男性は、今こなしていた仕事を片付けると足早に店を後にした。

  「今日も一日お疲れ様。今日も一日我慢できました」
 男性は、店を出て数キロの地点にある公園にて、ブツブツと独り言を呟いていた。




  「僕は、生きている意味があるのでしょうか…仕事もまともにこなせない、こんな奴に生きる資格はあるのですか…?!神様…教えてください…」
 僕は何も出来ない。勉強も仕事も友人関係ですらまともに出来やしない。そんなゴミクズの様な僕が世界に存在していていいのだろうか…。
  毎日こんなことを思い口に出しては、人間という存在意義を唱えている。
 真っ白な雪が僕の頭上を白く染め上げてゆく……。

そんな僕の目の前に、彼女が現れた。それが、僕と彼女の出会い──そして忘れることのない、冬の出来事。

「片翼の天使と僕とあの1年」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く