話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

少年はそれでも戦い続ける

虹ウサギ

35.0彼と領主の館.1

「くそ!敵が多すぎる」

 今俺たちは領主の館に乗り込んでいた、どこにあるかわからなかたったが町の人に聞いたら教えてくれた、町の人たちも領主に少なからず不満があるということだろう

 ノラスケによると領主は契約魔法と呼ばれる黒系統の上位魔法を使うそうだ、条件は厳しいがその条件を満たせばかけたものを奴隷のように出来る恐ろしい魔法だ

 マールたちが掛けられているのは【呪いの制約カーストゥレント】という魔法だ、これは術者が命じればかけたものを呪い殺すことができる、死亡原因は血の逆流によって血管がその圧力に耐えきれず破裂する失血死
 
 ノラスケは【鉄操作マネピレィ・アイアン】によって逆流を無理やり押さえつけている、だが長くは持たないだろうそのため短期決戦が求められるなのに領主の館には兵士がたくさんいてたどり着けない

 いや、たどり着けるにはたどり着ける、なんせミールが化け物のように敵を倒して行ってる、しかしこのペースでは間に合わないジックが今マールたちの呪いを食い止めているがもってあと20分くらいだ急がなければ手遅れになる

「どぉけぇーーーーー!」

 ノラスケは奇声を発しながらスキルをフル活用する、ノラスケの愛刀が伸縮自在に右へ左へ生き物のように駆け回る、2、3人の腹に刀が刺さればそこまま横へなぎ払う

 どんどんノラスケの顔色が悪くなってくる肩で息をしだしでぜぇぜぇと、苦しそうだ

「ノラスケ落ち着け!」

「離してく…だせぇへ、はぁ、はぁ、俺は行かなくち…ゃあいつら…が待ってる…から」

「いいから俺の顔を見ろ!」

「………」

「俺を信じろ全員助けてやる!」

「はぁ、はぁ、分かりやした」

「よし、シャドー!」

「はい!」

 俺はシャドーの名を呼ぶと俺の足から延びていた影からいきよいよく出てきた

「シャドー纏え影爪・強シャドーグロー

 シャドーは大きな影へと変化し俺を包み込む影はゆっくり俺に重なり消えていく、影魔法が全身へと行き渡り左右の腕から下が黒い大きな爪へと変化するその影はまるで獅子のように気高く鋭かった

「道をあけろーーーー!」

 俺は右手に力をためて大きく右から斜めに振り下ろす、切られた空気が割れ五本の線が前へと敵をなぎ倒しながら進んでいく

「今だ!」

「はい!」

 ノラスケは空いた道を一気に駆け抜け屋敷へと入っていく 


「ほう、あれは」

 ミールは驚いていた今ルキが見せた技は【鬼門・撃】だ、この技はミールがルキに教えていた技だ、だが全く使えず行き詰まっていたそれを今この場面で使えるとは素晴らしいと心の中で称賛を送っていた

「ミールお前はノラスケの側にいろ」
 
「それではルキ様が」

「俺を誰だとおもっている!」

「承知しました、ご武運を」

 ミールがノラスケを追って屋敷に消えていった、他の兵士が追っていこうとしたが俺がそれを許さない

「ここは通さねぇぞ」

 俺は腕をなぎ払い兵士を屋敷の全面まで吹き飛ばす
 兵士はなすすべなく地面に体を打ち付け苦悶の表情を浮かべながら呻き声をあげる 

「いいえ通させてもらいまーす」
 
ドガァーーン

「なっ!?」

 突然上から人が落ちてきて俺めがけてその少女には不釣り合いなほど大きな斧を地面に打ち付けていた
 その衝撃で土煙が上がり地面は斧を中心に十字に割れていた

「誰だ!」

 土煙が晴れるとどんな人物かわかった、斧使いは女性で軍服を身に纏い髪は肩の高さに切り揃えられ、髪の色は俺と同じ透き通るような白色だった







フォローかいいねお願いします。二つくれば続きを書きます!!
 

「少年はそれでも戦い続ける」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く