話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

少年はそれでも戦い続ける

虹ウサギ

34.0彼女と領主の策略

 私たちは今この国に入るため入国許可を求めていた
 すると奥から複数のの兵士が駆け込んできてこの国の領主が是非ともお会いしたいとかなんとか言ってなかば無理やり屋敷につれていかれた
 屋敷は庭がとても広くて草木が美しかった、中はというと中央に真っ赤な絨毯がひかれ壁は統一された白色で高そうな絵が飾られていた
 サクラたちは入って右奥に位置する応接間で待たされていた
 
 サクラは早くここから離れたいと思っていた
 ここは嫌な雰囲気がするとサクラの直感が告げていた、この屋敷は明らかにおかしいのだ、お世辞にも美しいとは言えないこの町にはあまりにも不釣り合いに広く綺麗すぎるのだ
 こんなにもここにお金を回すならばもっと町に回すべきだと思う
 そして極めつけはこの屋敷の使用人だ、明らかに女性が多いのだ先ほどから女性の使用人は見かけるが男性は全く見かけない
 しかも彼女らは皆十代くらいの年頃なのだ、使用人をするにはあまりにも若すぎる

 そんな疑問を自分に問いかけていると、応接間のドアが開いた
 ドアの向こうから一人の太ったおっさんが入ってきた、そのおっさんは見た目がまるでガマガエルのようだった

「よくぞ来てくれた、サクラ殿」

 ガマガエルはニンマリと口元をあげ、目元を細めて笑う
 私の参謀のクロくん(本名 クロノス)君が立ち上がり頭を下げて挨拶する

「これは領主殿、このたびは…」

「誰だね君は?ワシはサクラ君と話をしているのだよ少し黙りたまえ」

 うわっ、何このおっさんやな感じさりげなく呼び方変えてんじゃねぇーよ
 いかにも性格悪そうだな

「それでサクラ君君はその若さで小隊長まで上り詰めた天才と聞くが今日は何用でこちらに?」

「いや、えぇ~と反乱分子の始末にですねハイ」

「ということは我が町にその反乱分子が紛れ込んでいると!」

「まぁそう言うことになりますねハイ」

「いやいや、我が帝国と町のためにありがとうございます」

「任務ですから」 
 
 ガマガエルは薄っぺらい言葉を並べる、早く会話を終わらせたい、私はこういう類いの人種が一番嫌いだ、相手に媚びて自分のイメージを良くしようとするもの
 そんなものは表面だけで決して心の奥までは分かり合えない

「そうそう、これを」

 ガマガエルは懐から人数分の手のひらサイズの黒い紙を渡してきた

「この紙にサインをいただければ町の全ての商業施設に待遇処置がほどこされます、良ければお使いください」

 確かに便利そうだと他の仲間たちが話しサインをしようとした

「ちょっと待て!」

 私は今にも名を書きそうな彼らを止めたら、嫌な予感がする

「魔法の気配がしますよ」

「なっ!?そ、そんなことは…」

 やっぱり何か細工をしていたな、素直に名前を書いていたらどうなっていたか

「あの、ととりあえず名前をお書きください」

「なぜそんなに焦る?」

「いや、急がねば奴等が来…」

ドゴォーーーン

 屋敷の外で爆音が響く、何事かと覗くと庭から火の手が上がっていた
 白い煙で視界が悪いなか三人の男たちが煙から出てきた

「領主様敵襲です!」

「もう来たか、早すぎるな、まあよい、皆殺しにせよ、あれは敵でございます、どうかお力添えを」

 そういうガマガエルの顔は笑っていた








フォローありがとうございます!!

「少年はそれでも戦い続ける」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く