話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

少年はそれでも戦い続ける

虹ウサギ

16.0少年と俺様はノラスケ様

「ふう、大分現状を把握できたんじゃない?」

「あぁそうだな、問題はここからどうするかだ」

「私は、早くソウマを助け出したい」

 クルミは少し焦っているようだった、弟がいなくなってもうすぐ5日がたとうとしている
 奴等の目的も正体もなにも分かっていない

「クルミ落ち着いて、私もこの五日間何もしてない訳じゃないわ」
「ある程度アイツらが潜伏していると思われる地域はわかってるわ」

「なっ、どうやったんだ!?この短期間で」

「フフっオカマの情報網なめるんじゃないわよ」

 なんと恐ろしい情報網だ、その情報網に目をつけられたら最後、考えるだけでも恐ろしい
 だが、敵の居場所が分かっているのはでかいな
 作戦をたてるとき非常に役に立つ

「そこで提案があるんだけどいいかしら?」

「提案?」

「ナニナニ?」

「一人仲間を増やさない?」

 確かに今のメンバーは、少女一人、少年一人、オカマ一人の珍妙なパーティーメンバーだが、
 信用出来るのか?
 
「どんなやつだ?」

「私の友達なんだけど」

「却下だ」

「もう!最後まで聞きなさいよ」

 お前の友達だと?どうせオカマか筋肉だるまなんだろう
 どっちもジック一人で間に合ってる
 これ以上お前みたいなキャラの濃い奴は要らん

「腕は確かなの!」

「ルキさん、会うだけ会ってみましょう、ちょっとあれだけどいい人でしたよ」

 何だその口ぶりは、もう会ったことのあるみたいな言い方じゃないか
 まさか、さっきからドアの前で鼻をすすりながら泣いているこの声、幻聴じゃなかったのか
 
「入ってきていいわよ」

「おい、勝手に」

 俺の制止の声も虚しくドアがいきよいよく開けられた

「そう!俺様こそが天下無敵のノラスケ様だ!俺の仲間になりたいって奴はどこのどいつだ!」

 いかにもバカそうな発言をしながら入ってきたのは男
見た目は短く切られた紫の髪、体は細身の筋肉質、腰には80センチはあると思われる黒い鞘に入った細身の俺の、【夜月】と形状の似た刀を下げていた

「コイツは俺の相棒の“ドスちゃん”だ、異国の恩人からもらった“刀”と呼ばれるものだ!」

 なるほど俺の、夜月も元々は父の持っていたものをモデルに作ったものだ、
 父は昔“日本国”と呼ばれる国に言ったことがあると言っていたが、恐らくコイツの刀を作った国だろう
 父が行った国か、いつか言ってみたいものだ

「てめぇか?俺様の舎弟志望ってのは?」

 は?何いってんのまさか俺にいってる?
 俺はジックを見るが明後日の方向を見ている
 とりあえず絞めるか、俺は【身体能力強化】と【腕力強化】同時発動する
 
「えっ?えっ?」

 さすがに気づいたのか困惑し始める、だがもう遅い俺は全力の鉄槌を調子に乗ってるノラスケへ撃ち込んだ



「ほんとっ!すんませんでしたー!コレ俺の、ステータスプレートっす!」

 顔面からドハドバ鼻血を流しながら俺にどけ座をしているノラスケをよそにステータスプレートへと目を通す





 ーーーーーーーーーーーーーーー
  名前     ノラスケ
  年齢      16 
 レベル      58
  称号     【剣の天災】
         【剣を極めし者】


  筋力     7800
  魔力     2500
  気力     4000
  知力       5 


   耐性     土抵抗 土耐性


 スキル
   黄系統  初級土属性魔法(進化済み)


        中級金属性魔法使用可能
         鉄操作 マネピレィ・アイアン
         粘液を着けた鉄を操作可能

         鉄合成 センペス・アイアン
          鉄同士を合成可能

称号 【剣の天災】 知能と引き換えに
          戦闘能力大アップ
          剣技成長補正
          未来視
          軌道計算

【剣を極めし者】 いずれ成長し剣の極致に         たどり着くであろう者

         特殊剣技習得(未解放)
 

          


ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 知能戦闘能力たったの5だと!?さっきからこいつ俺のことを兄貴兄貴と呼んでいる
 良く知力5で今まで生きてきたな、先が思いやられるよ







ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
虹ウサギ ふう今まで書き貯めていた、作品全部出しました!

光ウサギ この何日かで結構進んだんじゃない?

闇ウサギ 誰も読まんだろ、こんなグズ

光ウサギ こら!やめなさい!コレでも作者必死にやってるのよ!

虹ウサギ ぐすっ、くすっ、

闇ウサギ すぐ泣きやがって

光ウサギ 皆!いいねやフォロー応援のメッセージ作者のために送って!(あまりに惨めすぎるからね)

虹ウサギ 心の声駄々漏れだよ!?

「少年はそれでも戦い続ける」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 虹ウサギ

    もちろんですよ!

    1
  • キズミ ズミ

    フォローありがとうございます(*゚∀゚*)!

    よろしければイイねなんかして頂けると作者が飛び上がって喜びますのでどうかしてやって下さい。

    1
  • 虹ウサギ

    是非ともフォローしますとも!

    1
  • キズミ ズミ

    とうとう出ましたねノラスケ!

    自分の考えたキャラがストーリーに出るのはすごい感慨深いです。

    あと、少なくとも僕はこの作品が好きなのでこれからも頑張ってください。更新頻度とか、更新頻度とか・・・笑。

    ついでなんですけど、僕もノベルバ で小説を書いてるのでヒマすぎて死にそうになったら読んで見てくださいm(_ _)m。

    1
コメントを書く