話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

少年はそれでも戦い続ける

虹ウサギ

15.0少年と魔法の仕組み

「初級風属性魔法がないのは進化したからよ」

「進化?」

「そう進化したらその前の階級の魔法は使えなくなるは、でもそれを差し引いても、階級の高い魔法は桁違いに強いわ」

 ジックの説明をまとめると、まず魔法には初級があるこの魔法は誰でも覚えることの出来る
 初級はこの世の人すべてが同じ魔法、原子魔法だ
原子魔法はそれぞれ、火、水、風、土、光、闇、の六個だ

 そこからある程度使用したり、レベルが上がれば中級へ進化できる、進化出来る魔法は人それぞれで色んな種類にわかれる、俺の場合は緑が生物で黒が影だ

 そして、ある限られた魔法だけが上級に上がれる、一流の兵士でも上級魔法が一個あればいいくらいその数は少なく貴重なのだ
 上級を二つも持っているジックってすごいんだな

 そして超級とは国に片手で数えれる程度しか存在しない、その数通りとてつもない力を発揮する、一人で一国を滅ぼせる程の強さを持つ
 超級魔法の数でその国の強さが決まると言っても過言ではない

 そして最後に無系統、この魔法は個人スキルとも呼ばれるその名の通り、その人の専用魔法だ、属性を操る他の魔法と違い、この世のことわりさえ変えてしまう力を持つものもあるそうだ

 ここでひとつ疑問が生まれた

「進化の原理はわかっただがどうやるんだ?」

「中級までなら、ステータスプレートに魔力を入れれば出来るわ、、あっ!ルっちゃん火属性魔法進化出来るじゃない」

「えっ?」

「この『進化可能』ってのが目印よ」

「ほんとだ、やってみるか」

 俺はステータスプレートを取り出した、進化可能とかかれた項目に魔力を注ぐと赤く光だした

 体に電撃がめぐったかと思うと、プレートに変化があった
 初級火属性魔法が中級強化属性魔法に変化していた

  中級強化属性魔法
    身体強化 身体能力を単純強化
    腕力強化 腕力を強化
    脚力強化 脚力を強化

「へー単純なパワータイプね」

 赤系統は温度や強化系
 青系統は癒しや継続効果上昇
 黄系統は硬化や製造
 緑系統は生物や増殖
 白系統は浄化や時空
 黒系統は弱体化や憑依

 このように系統により特色が全く違う

「少年はそれでも戦い続ける」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く