話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

少年はそれでも戦い続ける

虹ウサギ

13.0少女のステータス

 俺は自分のあまりの知能の低さから、立ち直れずにいた
 そんなことを気にしないオカマと少女は

「ルっちゃんはほっといて次はクルミの番よ」

「うん!」
 
 楽しそうにステータスプレートを使用していた
 いや待てよ、もしかしたらクルミが俺よりバカかもしれん
 弟大好きバカだしあり得るぞ、

 俺は二人が見ているプレートを後ろから覗きこんだ


ーーーーーーーーーーーーーーーーー
   名前     クルミ
   年齢      17
   レベル     19
   称号  【努力家】【村人の天才】


    筋力      350
    魔力      1000
    気力      300
    知力      1000 


  耐性    なし

スキル
青系統  初級治癒魔法(成長可能)

     初級治癒魔法使用可能
     水の癒し ウォーターヒール
          範囲E回復D

称号 【努力家】 努力はいつか実を結ぶ
         成長限界突破可能性
   
  【村人の天才】 村人の中では天才
          知力成長補正
          成長限界
ーーーーーーーーーーーーー  


 な、何ー、知力1000だとバカな村人の平均を軽く越えてやがる
 
「ルキさんみたいに、ステータスもスキルもないな」       
「そんなことないわよクルミ、あなたそこら辺の村娘よりよっぽどすごいわよ」
           
「ほんと?」

「えぇ、それに知力じゃ勝ってるじゃない、フッフッ」

 カチンっ

「何笑ってんだ、こんのくそオカマ、ならお前のステータスプレート見せやがれ」 

「あー私も見てみたいかも」

「しょうがないわね」

 ジックは微笑みながら、胸筋の間からステータスプレートを取り出した
 どこにしまってんだよ、俺はジックからステータスプレートを受け取った
 どこが湿っているようだった

ーーーーーーーーーーーーー
   名前   ジック・ジジジルド
   年齢   ひ・み・つ
  レベル   129
   称号  【世界最強のオカマ】
       【包み込む者】

   筋力    18000
   魔力     8000
   気力           20000
   知力     1000

 耐性  火、水、風、土、耐性

 スキル
  赤系統  上級溶岩属性魔法(成長不可)
   
       上級溶岩属性魔法使用可能
      溶岩散弾銃 ラガーショット
           威力A+範囲A
      溶岩火柱  ラガータワー
           威力AスピードC
      溶岩鎧   ラガーアーマー
             耐久力S反動A

 黄系統  上級土砂属性魔法(成長不可) 

     上級土砂属性魔法使用可能
     土砂崩れ  レンツラァイ
             威力B+範囲S
     土砂人形 セレメントドール
            自立A+耐久力B
    上級土砂壁 セレメントウォール
             耐久力A

  無系統   エンジェル・キス
     キスした時間だけ対象者を回復
        回復AスピードC

称号 【世界最強のオカマ】
   世界で最も戦闘力の高いオカマ
     戦闘力成長補正
     限界突破
     筋力極大増加

【包み込む者】あらゆる者を受け入れる
    癒し増加 変幻自在
     
           
ーーーーーーーーーーーーーーーー


「なんだコレ化け物かよ」

「ジックさんすごーい!」

「ふふん」

  ジックがここぞとばかりにドヤ顔をしてくる、どついてやりたいが、多分返り討ちに会うだろう 
 だがどうしてこんなにつよいなのだろうか?

「何でレベル100越えてんのに国の軍に入らないんだ?入れば部隊長くらいなれるだろう」

 この帝国でもっとも稼げる仕事は軍に入り、武勲を上げて国に忠誠を誓うことだ
 こんな国民を国民とも思わん国に果たして忠誠を誓えるのかは謎だが軍にさえ入り上位の役職につけば、まあまあの暮らしは出来る

「んー、私は、帝国を倒すために強くなったから」
 
 そう言うジックの顔は寂しげだった、帝国に恨みがあるのだろう、俺と同類だな

「なぁよかったら話してくれ」

「……わかったわ」

 そう言うとジックは静かに語りだした
         


    
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
いいねやフォローまたは、応援のメッセージを送ってくだされば、作品のクオリティー向上、作者のやる気の源にもなります


虹ウサギ ジックは今はまだ攻撃魔法系が多いですが
これからの成長、変化にご期待下さい

「少年はそれでも戦い続ける」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く