異世界スクールライフ

はじめ ゆかり

同僚と新生活

俺は、異世界で生活することになりその世界で学校に行くことになった。

学校のみんなも異世界からきたとあっさり信じてくれた。

そして、俺に襲いかかってきたものは魔術だ。

新しい世界で生活する上で大切なことは、身を守れることだ。

恐怖に支配されず生きるため俺は、魔術習得に励んでいた。

そんな俺を見て、近づいてきた女子がいた。

「空くん、分からないことがあったら聞いてね。」

彼女は、優しく声をかけてきた。

俺は、そんな彼女の優しい問いかけに甘えて質問をした。

「海原 舞さんだっけ?魔術習得を手伝って欲しいのだけれどいいですか?」

海原さんは、嬉しそうな顔で

「うん。いいよ。」

っと答えた。

「海原さんっていつもニコニコしているの?」

「いつもじゃないよ!これは、普段頼られることないから嬉しいだけだよ。」

あまりにも意外だったため俺は、驚きを顔に出していた。

「空くん、そんなに驚くことなくない。」

「いやー…海原さんは、人に頼られるタイプに見えるから。あまりにも意外だったよ。」

「そういえば、さっき先生から呼び出されてなかった?」

俺は、思いっきり忘れていた。

「あっありがとう。すぐ行ってくる。」

俺は、慌てて先生のとこまで行った。

「すいません。少し遅れました。」

「別にいいよ。で、貴方の今日から住む場所何だけとこの学校の寮だから。」

「えっと、俺知らない人といきなり過ごすなんで無理なんですけど。」

俺は、不安を抱えていた。

寮は、一部屋二人ということは知っていて同居人が怖い人だったらどうしようという不安が心の中をよぎっていく。

「そこは、大丈夫。貴方の知っている人だから。」

「まぁ、とにかく今からいう部屋に行ってきてください。」

俺は、言われるままに部屋に行った。

「…なんでお前がここにいる。」

何故か俺の部屋にいたのは、海原さんだったのだ。

「なんでって、ここが私と空くんの部屋だからだよ。」

俺は、驚きを隠せない。

女子と二人きり、共同生活緊張のあまり動揺を隠せない。

「お、お、俺が…お前と?」

「うん、そんなに驚がなくても…。」

「だって知らなかったし。」

「先生が空くんに魔法を教えて欲しいって頼まれたから。」

「あっ。そうなの。」

俺は、自分の生活用品を買いに行ったりした。

ついでに俺の管理者俺と一番最初にあった先生に会いに行った。

「先生、同居人が女子なんて聞いてないですよ。」

「まぁ、すまん。」

悪意のある微笑みで謝ってきた。

「そういえば先生、俺の学校用品は?」

「それもう用意してあるよ。」
「君のサイズは、君が寝ているときに測った。」

俺は、身の危険を感じ一時距離を置いた。

「そんなに警戒しないでよ。」

「先生…やめてください。」
「今後こういうことは。」

「あぁ、君それより魔法を教えてもらえよ。」
「今日から。」

俺は、部屋に戻って早速魔法を海原さんに教えて貰った。

そこで教えてもらったのは、自分の身に宿る自分自身武器を取り出す魔法だった。

これが出来る、出来ないじゃ戦闘効率が違うらしい。

そして、僕の武器は…

つづく

「異世界スクールライフ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く