不器用プラトニックラブ

風吹雪華

34話 穢星那依の劇場 ー後編ー

そして、高校の同窓会-

一次会は、皆で居酒屋。

高校卒業してから、友人にも会っていなかったけど、元気そうで何よりだ。

「那依!」

「わっ!?
  って、蒼珸か…」

「何だそのガタ落ちはっ!」

いきなり後ろから抱きついてきたこの男、僕の友人の渓河蒼珸みずかわそうご

「元気にしてたかぁ〜?」

「うんうん、してたしてた。」

「おい、棒読みだぞ。」

「…そんな事より、蒼珸も相変わらず元気だな。」

「おう。
  つか、お前の彼女、居なかったぞ?」

「えっ、祈莱さんが居ない!?」

「前々から思ったけど、お前…さん付けはダサいって。」

「そ、そうなのか?」

「うん。
  まぁ、お前達の事だから進展してないだろうなぁと思ったよ。」

「ちょっと、流石に傷ついたよ。」

「そんな君に、取って置きを伝授しよう!」

「いや、遠慮しておくよ。」

「何で!?」

「ろくな事がなかっただろ。」

「そんな事ないない!
  俺を信じろって!」

「嫌だよっ!
  お前、散々僕達のことからかってたし、信用出来ない!」

「それ酷くね!?」



一次会が開催されてから、1時間弱が経った。

遂に、彼女がやって来た。

「遅れてごめんなさいっ!」

「あっ、噂をすれば…」

「ちょっ、蒼珸っ!
  何処に行くんだ!?」

蒼珸はその場で立ち上がり、彼女の元へ行った。

「弥栄さん。」

「あっ、渓河君。
  久し振りね。」

「本当、久し振りだよね。
  そんな事より、彼氏の所に行かないの?」

「那依さんは何処に?」

「奥の座席だよ。」



「那依さん!」

「いっ、祈莱さん!」

「久し振り!」

「本当に久し振りだね!
  そ、そうだ!
  祈莱さん、何飲む?」

「私は、ジンジャーエールにしようかな。」

「わ、分かった!
  じゃあ、食べ物も頼むね!」

「有難う。」



「お待たせっ!」

「わざわざ持って来なくてもいいのに。」

「どうせ、自分のも取りに行く次いでだったから。」

「…それより那依さん。」

「な、何…?」

「…緊張、してる?」

「えっ!?
  そ、そんな事ないよ!?」

「そっか…。」

「祈莱さん?」

「ううん、何でもない。」



一次会が終わり、結局話す事もなく、二次会へ。

と思い気や、彼女が僕のワイシャツの裾を引っ張ってきた。

「那依さん、私と別のお店に行こうよ。」

「あっ…うん。」



KINGDOM-

「ここ、私の行きつけなの。」

「へぇ、喫茶店なんだ。」

「そうなの。
  変わってるお店でね、夜限定なの。」

「夜だけ!?」

「そうなの!
  店主が夜の方が働きやすいって言っててね。」

「何で?」

「朝と昼は眠いから、夜しか働けないって。」

「あはは、面白い店だね。」

それから僕達は、今宵を過ごした。



「朝まで過ごしちゃったね。」

「あぁ、いつの間にかだったね。」

「そういえば、今日の朝から雨が降るってテレビで言ってたよ。」

「そうなんだ。
  傘、持ってきてない…」

「今日、仕事あるの?」

「今日はオフだ。
  何かあったのか?」

「私の家に、来ない?
  両親に那依さんを紹介したいの。」

「うん、行こう。」



弥栄家-

「ここが私の家。」

「結構敷地が広いね。」

「まぁ、聞いた話によると、お金持ちらしくって。」

「…成程。」

「さぁ、入ろ。」

「…緊張するね。」

「肩の力を抜いて。
  大丈夫だから。」

「う、うん…。」



「パパ、ママ、ただいま。」

「「祈莱!?」」

「お帰りなさい…どうしたの?」

「突然ごめんなさい。
  どうしても紹介したい人がいて。」

「もしかして…交際相手!?」

「お父さん、敏感になり過ぎよ。」

「だって、祈莱に限ってそんな…!?」

「パパの当たり。」

「…!?」

「お、お父さん…」

「とにかく、自己紹介させて。
  入って来て。」

「こんにちは…」

「まぁまぁ、こんにちは。
  お父さんも。」

「こ、ここまで来て、ご苦労、だったな…」

「いえ、祈莱さんと一緒に来ましたから、苦労することは何も…」

「(まぁ、さり気に格好良いこと言ったわね。)
 さぁ、こんな所で突っ立ってないで、入ってらっしゃい。」



「失礼します。
  あの、つまらない物ですが、お菓子を持って来ました。」

「わざわざ有難う。」

「あれ、パパは?」

「お父さん、やらなくちゃいけない仕事があるんですって。」

「ふーん、そうなんだ。」

「(お父さんったら、恥ずかしがることないのに。
   余っ程、あの子を許してしまうのかしら。)」

「お義父さんも御一緒の方が有難いのですが…」

「そうねぇ。
  ちょっと待ってて、今から説得するから。」

「お義父さんが来なかったら、また今度来るよ。」

「パパ、来ると思うよ。」

「えっ?」

「パパね、私が男の子を連れて来たから、驚いているのよ。」

「何で?」

「私の家はね、友達を入れちゃ駄目だったの。
  親戚だけとかだったし。」

「そうなんだ。
  厳しいんだね。」

「パパ、重度の潔癖症だから。」

「そうなんだ!
  知ったからには、今度身だしなみを整えないと。」

「あっ、来たよ。」

「お待たせ。
  ほら、お父さん。」

「…話とは何だ。」

「あの、娘さんの口から聞いたと思いますが、僕達、高校生から交際していて…」

「こっ、高校生!?」

「お父さん。」

「んんっ!
  …そうだったのか。
(祈莱の奴、そこまでわしに言いたくなかったのか…。)
  …ちなみに、何年だ?」

「遠距離もありましたから…7年。」

「なっ、7年!?」

「まぁ!」

「僕は、娘さん…いや、祈莱さんと本気で交際しています!
  一生、彼女を守りますし、愛します!
  僕に、娘さんを下さい!」

「(こいつ…本気だ。
   目を見れば分かる。)
   儂は、お前さんを認めとる。
   最初は、弱気を感じた。
   だが、お前さんの目を見た時、強い眼差しを感じた。
   こいつなら、祈莱を幸せに出来ると思ったんだ。
 祈莱を宜しく頼むな。」

「…っ、はい!」

「パパ、有難う!」

「名前は、穢星那依だったな。」

「あっ、はい。
  珍しいですが…」

「那依君と呼ばせてもらう。」

「はいっ、お義父さん!」

こうして、僕達は結婚を認めてもらえた。



結婚式-

1年後に、結婚式を挙げた。

威厳だったお義父さんが、珍しく嬉涙をしていた。



祈莱さんの腹が少しずつ膨れてきている。

出産も間近だ。

腹に耳をすますと、元気に動いている音が聞こえる。

男の子か女の子、どっちが産まれてくるのだろう。

出産が待ち遠しい。



一緒に赤福総合病院の婦人科に行き、検査をしてもらった。

女の子が産まれてくるとのことだった。

帰ってから、彼女と名前を考えなくては。



出産当日-

急いで病院に行き、彼女の傍に居た。

陣痛が走り、苦しそうだ。

男の僕には分からないけど、出来ることは何でもしたい。



陣痛が治まり、出産の時だ。

隣で見守り、声をかけたりした。

そして…元気に産声をあげた女の子が産まれた。

「やった…やった!」

「わぁ…小さい…
  産まれてきてくれて有難う…」



「ねぇ、この子の名前、どうする?」

「そうだな…」

希望のぞみ…」

「えっ?」

「希望。
  良い名前でしょ。」

「うん、良い名前だ。」

「希望に満ち溢れで、永遠に輝く女の子でいてね。」



希望が産まれてから、買い物が多くなった。

今日は、希望の服を買いに行くことに。

「希望の服、何色が良いかしら?」

「黄色、いや、ピンクも捨て難い…」

「何着ても似合うと思うわ。」

「祈莱さんが決めてくれ。」

「うふふ、分かった。」



「いっぱい買っちゃったね。」

「あぁ、全部似合いそうだ。」

「そういえば、電車は何時に来るのかしら…」

「ちょっと待って、今調べるから…」

その時だった。

車が僕に衝突しようとして来た。

「那依さんっ、危ないっ!」

「えっ…?」



何があったのだろうか。

ここは何処だ…

「はっ!
   …ここ、病院?」

「あっ、穢星っ!」

「…先輩?」

「ほんま良かった…
  頭は異常無しだから、安心しろ。」

「…祈莱さんはっ!?」

「お前っ、急に起き上がるな!
  後から頭が痛くなるで!」

「そんな事より、祈莱さんはっ!?」

「奥さんなら心配せんでええ。
  命に別状はない。
  でも、下半身が怪我しててな…」

「行かなきゃ…!」

「おいっ、穢星っ!」



「祈莱さんはっ!?」

「えっ、穢星先生っ!?」

「那依さん…」

「祈莱さんっ!
  良かった、生きてて…」

「那依さん、聞いて。
  あの事故で、私の下半身は、もう動けないらしいの。」

「えっ…」

「下半身麻痺しないと生きていけないって。」

「そんな…」

「大丈夫よ、那依さん。
  例え歩けなくても、生きているなら怖くなんかない。
  もう、泣かないでよ。」

「うん…」

あの時、僕が早く気付いていれば…

その時から、後悔し続けた。



退院してから生活は戻ったが、勿論だけど、祈莱さんが1番大変だった。

「あっ、買い物に行かなきゃ。」

「祈莱さん、僕行くよ。」

「ううん、いっぱい買うことじゃないし、スーパーなんてすぐ近くだから、私が行くよ。」

「でもっ…」

「那依さんは、希望を見てて。」

「…分かった。」



「希望、大丈夫だよっ!
  待ってて、オムツ交換するからね!」

忙しい時に、電話が鳴った。

「もう誰だ、こんな時に!
  もしもし。…」

相手は警察からだった。

すぐに署に来てくれという内容だった。



警察署-

「あのっ、電話の穢星ですが…」

「穢星さん。
  すみませんが、確認したい事が…」 

「確認?」


 
霊安室-

「霊安室…?」

「中に入って下さい。
  この方をご存知ですか?」

「はっ…!?」

「ご存知なんですね?」

「はい…私の妻、祈莱さんです…。」

「先程、巻き込み事故があったらしく、車椅子の女性が倒れているという通報がありました。
  運転手が飲酒運転していたらしく、信号無視をして、通行人に衝突したと。」

あの時、僕が強く言っていれば…



弥栄家-

「お義父さん、お義母さん…」

「那依君…」

「さっき、警察から電話があった。」

「僕、祈莱さんの言葉を信じて、買い物に行かせてしまったんです…。
  守れなくて、御免なさい…!」

「もう、過去には戻れないんだ。
  君のせいじゃない。」

「何故お義父さんは僕に怒らないんですか!?
  僕のせいで、祈莱さんを死なせたのに…」

「君は十分、祈莱を守った。
  何時だって、祈莱を助けてくれただろう。」

「うぅ…お義父さん、お義母さん、御免なさい…!」

2人は、僕が泣き止むまで、抱き締めた。

本当は、2人の方が泣きたいのに、僕が泣いてもいいのかな…

僕が泣き止み、落ち着くまでゆっくりしていいって言われたので、2人の言葉に甘えた。

トイレに行こうとした時、2人のすすり泣く声が聴こえた。



葬式-

葬式が終わり、最期が迎えようとしている。

祈莱さんの大好きな誕生花、萩を1輪供えた。

どんな姿でも、最期まで綺麗だった。

「不器用プラトニックラブ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く