不器用プラトニックラブ

風吹雪華

33話 穢星那依の劇場 ー中編ー

付き合ってから、2年も経った。

僕達は高校3年。

受験生ということで、お互い会うこともなくなった。

せめて、同じクラスだったら良いのにな…なんて、今更思う事じゃないけど。



放課後-

一通のメールの着信があった。

「今、校門で待ってるの。
  久しぶりに一緒に帰ろ。
                                        祈莱」

彼女からだ。

僕は迷わず、校門へ走った。



校門-

息切れをしている僕を見て、彼女は心配そうに見つめていた。

「那依さん、そんなに急ぐ事じゃないから大丈夫よ。」

「ぼ、僕は…君に会いたくて、待ちきれなかったんだ。」

「…那依さんって、平気でそんな事言うんだから。」

「だって、本当の事を言っただけだよ。」

「さらっと言う所が惚れるポイントなのかな?」

「い、祈莱さん…恥ずかしくなってきた。」

「そんな事言われたら、更に火照ってきたわ。」

「僕達って、不器用なのかな?」

「そう、なのかな?」

僕達は、照れくさくなり、顔を赤らめた。



高校卒業後-

高校生活が終わり、僕達はそれぞれの道を歩んだ。

僕は医師、彼女は教師。

卒業式に、彼女とある約束をした。



「那依さん。」

「祈莱さん?」

「最後に、私と約束してくれないかな。
  7年後に再会するって。」

「うん、約束するよ。」



21歳-

あの時のことを、彼女は覚えているのだろうか。

懐かしい想い出を思い出している内に、いつの間にか時間が経っていた。

彼女との約束が果たすまで、4年後。

元気にしてるといいなぁ。



4年後-

僕は25歳。

つい先程、高校の同級生からメールが届いていた。

来週の週末に、高校の同窓会があるらしい。

行きたいのは山々なんだが、病院の経営が忙しくなってきている。

僕が務めている病院は、有名と言ってもいい程、エリートが沢山いる。

僕は新人外科医だが、手術をする機会が増えていき、更には朝から晩の勤務時間になっている。

休みを取りたいのだが、院長が中々の手強い人だった。

君を頼りにしていると圧をかけに来ているのだ。

これは降参だと思い、今に至る。

他の人達は、どうやって休みを取っているのだろう。

先輩にでも聞いてみるか。



赤福総合病院 休憩所-

僕は何時も、食堂に通っている。

料理下手っていうのもあるけど、おばちゃんが作る手料理が絶品なのだ。

何時もの唐揚げ定食を頼む。

何時もの席に座り、先輩を待つ。

「すまん穢星!
  って、先に食べとけって何時も言っとるやろ?」

「先に食べると、失礼だし…」

「んなこと、気にせんでええねん!
  それより、相談って何や?
  お前が俺に相談って珍しいなぁ。」

「はい、先輩って、どうやって休みを取っているんですか?」

「は?」

「だから、どうやって」

「んなこと分かっとるわ!
  じゃあ逆に聞くけど、なんで休み取れへんねん。」

「それは、院長が…」

「あのエロじじいは、お前のこと気に入ってんねん。
  だからお前の仕事が一方的に増えてる。
  そういうことやろ?」

「…仰る通りです。」

「俺はエロじじいと長い付き合いやから、説得してみるわ。」

「えっ、いいですよ!」

「ご馳走さん!
  じゃあ俺、行ってくるわ。」

「えっ、先輩、待ってくださーい!
  にしても、食べるの早…。」



あれから先輩、院長の所に行ったのかな。

何か、心配だな…

「おう、穢星!」

「先輩!」

「あれからエロじじいと話したけどな、来週の週末、休み取ってもらったから。」

「本当ですか…?」

「あぁ。」

「先輩…有難うございますー!」

「ちょっ、穢星!?」



「そっかぁ。
  その日に高校の同窓会があんねんや。」

「そうなんです。
  7年振りに、再会する人と会えるんです。」

「それって、彼女とか?」

「はい。」

「えっ…。
お前、彼女ったん!?」

「はい。」

「嘘やん!?
  先越された…」

「とは言っても、僕も彼女に先越されたんですよね…。」

「地味に俺のと掛けんなよ!」

「先輩だからやっていいかと。」

「ちゃうわ!」

「でも、有難うございます。」

「おう。
  楽しんで来いよ。」

「不器用プラトニックラブ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く