不器用プラトニックラブ

風吹雪華

32話 穢星那依の劇場 ー前編ー

「私と同じ…?
  どういう事ですか?」

「僕にも大切な人が居たんだ。
  ずっと前に亡くなったけど。」

「あ…すみません、言わせてしまって…」

「いや、ここまで言ったんだから話すよ。
  彼女と会ったのは20年前、かな?
  君と同い年くらいの頃だったんだ。」



穢星那依の高校時代-

あの頃は、高校1年の春だった。

桜のアーチが続く中、突き当たりに曲がると、小さく古びた公園がある。

僕は昔から、桜満開になった時に必ず来ている。

何で来るようになったのかは自分でも分からない。

きっと、運命の出会いが訪れるかもしれないからか?

そんな自惚うぬぼれ屋の僕が可笑しかったので、1人でくすくすと笑っていた記憶があった。

ある日、何時ものように公園に行くと、桜木の下にぽつんと立っている少女が居た。

僕と同じ学校の制服を着ているので、もしかしたらと思って、無意識に声をかけていた。

「ねぇ、君、新入生?」

「…っ、はい、そうですが。」

僕は息を呑んだ。

それ以上の語彙力がない程の、麗らかさだった。

長くて艶がある茶髪で、顔立ちも良く、スタイル抜群と言ってもいい位の身体をしていた。

「…貴方も、私と同じ、新入生ですか?」

「はい。
  あの…」

「はい?」

「何かの縁だし、名前を教えてくれませんか?」

「私は弥栄祈莱やえいのりです。
  貴方は?」

「僕は穢星那依。」

「珍しい名前ですね。」

「よく初対面の人に言われます。」

「そうなんですか。
   …穢星さんは、よく此処に来るんですか?」

「はい。
  この公園の桜が、1番綺麗だから。」

「同じですね。
  私もこの公園の桜が、1番綺麗だと思っています。
  他の桜と比べ物にならない位の可憐さが漂っていますから。」

「そうですね。」

お互いに顔を合わせて笑い合った。



東絮高校 校門前-

今日は入学式ということで、クラス発表がある。

僕は…B組だ。

彼女は何組だろう…

横からつんつんと違和感があり、振り向いて見たら、嬉しそうにしている彼女が居た。

「穢星さん、私もB組!」

「本当にっ!?
  1年間宜しく!」

「こちらこそ宜しく!」



入学式-

「えぇ、諸君!
  入学おめでとう!…」

校長の祝辞を述べ、そして新入生代表挨拶。

代表は彼女だった。

(弥栄さん、頭良いんだ…)

入学式は無事終了した。



1ーB-

「じゃあ、これで終わりだから、各自自己紹介するように。
  解散。」

「弥栄さん」

「ねぇねぇ、君何て言うのー?」

「あ、あの、止めて下さい…!」

「止めなよ。」

「穢星、さん…」

「ちぇっ…行くぞ。」

「はぁ…大丈夫?」

「有難う。
  穢星さんが助けてくれるって信じて良かった。」

この時の僕は、心臓を撃ち抜かれた。



帰り道-

「送ってくれて有難う。」

「ううん、いいよ。
  じゃあ、また明日。」

「うん、また明日。」



1ーB 昼休み-

入学してから学校生活に慣れていったけど、1つ問題がある。

彼女のモテ期が到達したことだ。

今日の朝もだ。

彼女の靴箱に大量の恋文ラブレターが入っていた。

休み時間の度に呼び出されてた。

こっそりついて行って見たら、男子共が口説いていた。

彼女が困っていることを分からないのか?

「穢星さん、一緒にお昼、食べよ?」

「うん、勿論。」

照れてる彼女、可愛い…



屋上-

「ごめんね、急に言って…」

「ううん、僕は大丈夫だよ。
  それより弥栄さん、何時も大変だね。」

「そうなの。
  穢星さんなら、どうする?」

「僕は…好きな人がいるって言う、かな?」

「自分から?」

「うん。
  そうすると、誰も近寄って来ないでしょ?」

「そうかもだけど、後々後悔するんじゃない?」

「まぁ、それは自分次第だけどね。」

「…。」



放課後-

僕は屋上で休憩することが多い。

何でかって?

何でだろう?

そんな事を考えていると、下から会話が聞こえた。

覗いてみると、彼女と告白している男子だった。

悪いけど、盗み聞きをすることに。

「あの、俺!
  弥栄さんのことが好きです!
  前から可愛いなって思ってて…ひ、一目惚れなんて初めてで…」

「そう、なんですか…」

「だから、俺と付き合って下さい!」

「…ごめんなさい。
  私…好きな人がいるんです。」

「…好きな人って、もしかして穢星?」

「えっ…!?」

はっ…!?

何を言ってるんだあいつ!?

「穢星じゃなくて、俺にしてよ!」

独占欲が増してる男だな…。

「えっと、あの、その…ごめんなさい!」

「ちょっ、弥栄さん!?
  待って!」

僕は彼女にああ教えたけど、いやまさか本当に好きな人が居るのか!?

いたらアタック出来ないじゃないか!?

1回、さり気なく聞いてみるか…



翌日-

「ね、ねぇ弥栄さん…その、突然なんだけど、す、好きな人って、いるの…?」

「えっ…」

「(弥栄さん困ってるー!?
   あー、何て切り替えれば…)」

「いるよ。」

「えっ?」

「私、好きな人がいるの。
  とても優しいの。
  一目惚れって言うのかしら。
  ちょっと照れるね。」

「そ、そう、なんだぁ…」

嘘だろ!?
まさかのまさか!?
まぁ、彼女でも好きな人は出来るか。

「僕、応援するよっ!
  弥栄さんの恋、実ると良いね!」

「あ、有難う、穢星さん…。」

「ん?
  弥栄さん?」

「あ、ううん、何でもない!」

「…?」



1週間後-

あの日から、彼女の様子が可笑しい。

聞くべきじゃなかったかな?

僕が喋りかけると、赤面して何処か行くし…

はっ!?

もしかして…僕、格好悪かった所があったとか!?

行く前に身だしなみをしていれば!?

僕ったら何て失敗をー!?

「え、穢星さん…」

「や、弥栄さん!?
  ど、どうしたんだい?」

「今日の放課後、時間ある?」

「あ、あぁ、あるけど…」

「良かった。
  じゃあ、空けておいてね。」

「う、うん…」

条件反射で答えてしまったけど、何かあったのかな?



放課後-

気まずい…!

何か…何か話題を!

「穢星さんと帰るの、久しぶり。」

「あ、うん、そうだね…!」

「ねぇ、あの公園に行こうよ。」

「え、うん、いいよ…!」



公園-

僕達は沈黙のまま、ブランコに乗っている。

もう、言っちゃおうか…

「「あの…」」

「「あ…」」

お互いに譲って、また沈黙。

「わ、私から言っていい?」

「ど、どうぞ…」

「今日、穢星さんを誘ったのは、大事な話をする為なの。」

彼女は胸を当て、深呼吸をした。

そして、思いがけない言葉が…

面と向かって、彼女が口を開いた。

「穢星さんのことが好きです。
  一目惚れ、したんです。
  お付き合いしませんか…?」

僕の返事は、もう決まっている。

「僕も弥栄さんのことが好きです。
  実は、僕も一目惚れで…
  両想いですね。」

「はい。」

こうして僕達は、付き合うことになった。

「不器用プラトニックラブ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く