不器用プラトニックラブ

風吹雪華

31話 崩れ去る悲劇

穂架との信頼関係も無くなり、学校生活での居心地が悪化するばかりだ。

頑張るって決めたのに、約束を守れないかもしれない。

精神的苦痛になっているだろう。

「あれ、琴嶺?」

「輝陽君…?」

「こんな所でどうした…って、何で泣いてるんだ!?」

「私、穂架に酷いことをしたの…!」

「酷いこと…?」

「私に近づかない方がいいって言ったの。」

「はぁ?
  何で?」

私は、輝陽君に昨日あったことを全て話した。

「それって、悪戯いたずらとかじゃねぇの?」

「私もそう思っているよ。
  でも、こんなことになったのは私のせいだし…」

「誰がお前のせいだって、何時言ったんだよ!?」

「…」

「俺は、お前のこと良い奴だって思ってるから、こんなに怒ってんだろ!?」

「…」

「咲護だって、お前のこと大嫌いって言ったかもしれねぇけど、それは本心じゃないってこと分かるよな?」

「私が声を荒らげることってないから、本気で嫌われてるって思ってるのかも…」

「お前って、本当に分かってねぇよな…。」

「え…」

「咲護とちゃんと向き合うことだな。」

「向き、合う…?」

私は輝陽君が放った言葉の意味を、探し彷徨さまよっている。



穢星病院-

「お疲れ様。」

「先生こそ、お疲れ様です。」

「今日も大丈夫ですよ。」

「はい…。」



結生の病室-

「結生、もう直ぐ2学期終わる頃だよ。
  弁論大会でね、私、最優秀賞を取ったよ。
  職員室でたまたま聞いたんだけど、結生が最優秀賞を取ったって、本当なの…?」

私が結生の頬を撫でた時、穢星先生が入って来た。

「今日は、何の話をしてたんだ?」

「奇妙な話ですよ。」

「はははっ、そうか。」

「突然ですけど、穢星先生は、何処の高校出身なんですか?」

「僕かい?
  知ってるか分からないけど、東絮しのわた高校っていう所なんだ。
  それがどうかしたのかい?」

「いえ、興味本意で聞いてみただけです。」

「永さんは確か、悧稔りねん高校だったよね?」

「何で知ってるんですか?」

「この地域では、トップな高校って聞いたことがあってね。
  それに、制服のデザインも凝ってるしね。」

「そんなことないですよ。」

「僕も、高校時代を思い出すよ。」

「先生の高校時代は、どんな思い出なんですか?」

「…君と同じだよ。」

「え…?」

私と同じ?

その意味は、深く聞かないと分からない話だった。

「不器用プラトニックラブ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く