不器用プラトニックラブ

風吹雪華

28話 もう1人の最優秀賞

教室-

それから、本格的に受験勉強が始まった。

皆はどんな道に進むのかな?

将来が待ち遠しいよ。

「はるちゃん、順調に進んでる?」

「何とかね。
  ホント大変だよ。
  そういえば、穂架は大学?
  それとも、就職?」

「穂架はね、大学行きながら、店の手伝いかな?
  手伝いって言っても、どっちみち継がないといけないけどね〜。」

「そっか。」

穂架と喋っている時に、円風さんが訪ねて来た。

「ねぇ、そこに琴嶺永はいる?」

「は、はい!
  います!」

「ちょっと来て。」

「(何かあったのかな?)」

「はるちゃん、仲良いの?」

「そういうんじゃないけど…
  じゃあ、行ってくるね。」



「円風さん、どうしたの?」

「この前の弁論大会あったでしょ?
  最優秀賞、誰が取ったか知ってる?」

「そういえば、あれから経つけど、何も聞いてない。」

「あんたよ。」

「え?」

「あんたが最優秀賞を取ったの。
  全国出場よ。」

「え…えぇー!」



「はるちゃん!
  何かされなかった!?」
      
「うん、大丈夫。」

「聖琦とどんな話をしてたの?」

「この前の弁論大会の事だよ。」
  
「あぁ〜、弁論大会がどうかしたの?」

「最優秀賞が私なんだって。」

「え…えぇ〜!」



「聖琦!」

「穂架…久し振りね。」

「急に教室に来たからびっくりしたよ〜!」

「相変わらず元気なのね。」

「えへへ、まぁね〜。」

「…それより、私に構う暇あるの?」

「え?」

「ずっと前に、あんたを振ったのよ。
  気にしないの?」

「…穂架ね、今好きな人がいるの。」

「っ!
  そう…
  ずっと本性を出さないつもりなのね。」

「うん、このままの穂架が、1番安全なの。」

「告白はしないの?」

「…しないよ。
 だって、実らない恋だもん。」

「そう。
  まぁ、精々頑張りなさい。
  私、応援してるから。」

「…有難う。
(ホントは、あの時から気にしてたよ。
 まだ嫌われてると思ってたから。
 でもね、話が出来て良かったって思うのは、聖琦もだよね?)」

「穂架、急に飛び出して行ったからびっくりしたよ。」

「ごめんなさ〜い。
  最優秀賞、おめでと〜!
  勉強もあるけど、練習出来そ〜?」

「うん、頑張ってみるよ。」

「穂架も出来ることがあったら、何でもするからね!」

「ありがとね。」



全国弁論大会まで、まだ2ヶ月もある。

何で先生は、知らせてくれなかったんだろ?

「旭緋先生、弁論大会の事なんですけど、何で知らせてくれなかったんですか?」

「ごめんなさいね。
  決まってから伝えるつもりだったの。 」

「そうだったんですね。」

「じゃあ、先生は会議があるから、そろそろ行くわね。」

「はい。」

何か隠している様子だった。

旭緋先生は、隠し事が苦手な人だ。

今度、さり気なく聞いてみよう。



放課後-

まだ会議してるんだ…。

何時間やってるんだろ?

「……」

この声、学年主任のはた先生?

「この前の弁論大会の最優秀賞についてだが、驚いたねぇ。
  まさか、羽瀬北も最優秀賞だなんて…」

え?

羽瀬北?

羽瀬北って結生のことだよね?

だって結生は、夏休みの課題、提出してないのに…

何で、結生の名前が出てくるの…?

私は、いつの間にか立ち聞きしていた。

「不器用プラトニックラブ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く