不器用プラトニックラブ

風吹雪華

25話 思い出のサッカー

Le monde imaginaire-

「やっぱり、ミルフィーユ美味しい!」

「甘い物を食べると、幸せな気分になるよね〜。」

「うん!
  ここの常連客になろうかな?」

「うん!
  是非なってよ!」

「…結生も連れて行きたかったなぁ。」

「…何で?」

「結生って、自分に厳しい性格だから、息抜きする場所とか作らないの。
  だから、ここに連れて来て、友達と喋って過ごしたかったなって。」

「そうだね。
  何時か、そういう日が来るといいね。」

「うん。
  じゃあ、そろそろ帰るね。」

「うん!
  また来てね〜!」



穢星病院-

「先生、お久し振りです。」

「永さん。
  もう学校が始まってたんですね。」

「はい。
  最近忙しくて、来る暇もなくて…
  最低でも、休日には行きたいんですけど、中々出来なくて。」

「いいんですよ。
  勉強も忙しくなってるだろうし、しょうがないと思います。
  結生君のことは安心して下さい。」

「はい…。」



結生の病室-

「結生、遅くなってごめんね。
  学校でね、進路の話とかがあるの。
  私、結生を助けたい。
  だから、夢を叶える為に、必死に勉強するよ。
   …それまで、待っててくれる?」



琴嶺家-

「ただいまー。」

「お帰りなさい!
  もう御飯出来てるわよ!」

「うん。」

「そういえば、弁論大会どうだったの?」

「うーん、良かったというか、良くなかったというか…。
  どっちもどっちかな?」

「何それー。
  まぁ、永の気持ちが込められてたら、それで良いのよ。」

「そうだね。」

「随分、顔つきが変わったわね。
  何かあったの?」

「ううん、何でも。」

「ただいまー。」

「遼雅、お帰りなさい!
  御飯食べなさいねー!」

「はいはーい。」

「最近、遼雅忙しそうだね。
  練習試合とか?」

「うーん、あの子、何も言わないからねぇ。」

「はぁー、腹減ったー。」

「ねぇ、遼雅。
  最近帰りが遅いけど、練習試合なの?」

「うん、大会があってって前言わなかったっけ?」

「言ってないわよ。
  大事な事なんだから、ちゃんと言うのよ。」

「はーい。」



自室-

そういえば結生が、サッカーの試合があるから見に行こうか迷ってるって言ってたな…

その試合が、もう直ぐあるんだよね。

応援に行こうかな。



試合当日-

「じゃあ、行ってくる。」

「はい、これ。」

「何?
  弁当?」

「うん、頑張って弁当作ったの。」

「わぁ!
  姉ちゃん有難う!
  応援に来るよね!?」

「うん、行くよ。」

「よっしゃー!
  行ってきまーす!」

「行ってらっしゃい。」

朝からテンションについていけない…

さて、朝御飯を久し振りに作ろうかな。

「あ、おはよう。
  お父さん、お母さん。」

「おはよう。
  まぁ、これ全部永が作ったの?」

「うん。
  朝早く起きて弁当作ったから、その次いでだよ。」

「とても美味しそうだ!
  さぁ、早く食べて応援に行こう!」

「そうね。
  有難う、永。」

「えへへ。」



試合会場-

「(はぁー、やっぱり緊張するー。)」

「何緊張してんだよ。」

「うわっ!?
  何だ、レンかよ…」

「何だってなんだよ。」

「…相変わらず、顔は美形だよな。
 何処とのハーフなんだっけ?」

「フィルッシュっていう、穏やかな国。」

「へぇ、全然知らないわ。」

「だろうね。
  あんまり有名じゃないし。」

「そうなんだ。
  よく帰ったりするのか?」

「たまにね。」

「あっ、顧問が呼んでる。
  行こうぜ!」



「結構話長かったなー。」

「うん、その位皆のことを信じてるんじゃないの?」

「だよな。
  俺らも頑張らねぇとな!」

「うん。」



「母さん!
  永!
  早く早く!」

「ちょっとお父さん…何でそんなに元気なの?」

「サッカー好きだからねぇ。
  余計に熱くなっちゃってるのよ。」

「はぁ、もう懲り懲り。」

「あっ、試合が始まるようね。」

「遼雅だ!
  永、早くビデオ!」

「はいはい。」

瑛智えいち中って、確か、強豪だったような…」

「そうなの、慈季しきさん?」


「あぁ、勝てるかどうか…」

「まぁ、応援するしかないよ。」

「そうだな!
  父さんも全力で応援歌歌うぞー!」

「ちょっ、お父さん!?」



「あ、姉ちゃん!
  …げっ。」

「何処?
  お前のお姉さん。」

「…応援歌歌ってる人の右だよ。」

「歌ってる人は誰?」

「…俺の親父。」

「…凄く、熱いお父さんだね。」

「だろ…。
  サッカーになると、熱くなる人なんだ。」

「でも、応援されると、嬉しいよね。」

「おう!」



「お母さん!
  何とかしてよ!」

「…これ以上、聞かないのよ。
 放っておくしかないわねぇ。」

「えぇー。
   …もうやだ。
  あっ、お父さん、試合始まるから静かにして!」



試合はどうなったかというと、逆転勝利で坂ノ宮さかのみや中の勝利だった。

今回のレギュラーが優秀とのことで、実力を発揮出来たということだ。

「はぁ、熱かったな!」

「1番お父さんが熱かったけど。」

「まぁまぁ。
  今日はご馳走にしましょ!」

「そうだね。
  遼雅、凄く頑張ってたし。」

「父さん!
  母さん!
  姉ちゃん!」

「おぉ!
  遼雅!
  良く頑張ったぞ!」

「遼雅、何食べたい?
  今日は遼雅の好きな料理を作るわよ!」

「やっぱり、肉だろ!」

「よし!
  じゃあ、帰ったら、ビデオを見るぞ!」

「相変わらず、姉ちゃんが撮ったんだね。」

「無理矢理だよ。」

「無理矢理とはなんだ、無理矢理とは!」

「「「「あはははははは!」」」」

結生と一緒に応援したかったなぁ。

多分、懐かしく、昔の思い出を語ってただろうなぁ。

私は、肌寒い夕焼けを見て、微笑んだ。

「不器用プラトニックラブ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く