不器用プラトニックラブ

風吹雪華

24話 2人の秘密

「はるちゃん、穂架、掃除棒クリーニングロッドとガーゼを取って来るね!」

「うん。」



音楽準備室-

「あれ、莉世君居たんだ〜。」

「おぉ。
   …そういえば咲護ってさ、何で猫被ってんの?」

「…何言ってるの〜。
 穂架、猫被ってなんか」

「被ってるのバレバレなんだよ。」

「…っ!」

「やっぱり琴嶺のことが好きだから?」

「す、好きって何〜。」

「お前、恋愛として琴嶺のことが好きなんだろ?
  今のお前は、友達としての咲護穂架を演じてるんだよ。
  本当のお前は、束縛とかしたいんだろ?
  琴嶺と結生が2人きりの時、ずっと見てたもんな。
  その時、奪いたいとか思ったの?」

「…いい加減にしてよ!
 穂架はそんな」

「もう猫被るの止めろよ。」

「はぁ!?
  だから、穂架は」

「俺、お前のことが好きなんだよ。」

「…えっ?」

「俺は、本当の咲護を見たい。」

「な、何言って…」

「猫被ってるお前も良いけど、やっぱり俺は、ありのままの咲護を見たい。」

「…ありのままの穂架はこれなの。
 変なこと言わないで。」

「じゃあ、交換条件しよっか。」

「交換条件…?」

「お互いの秘密を教え合って、お互いその秘密を守り抜く、っていうのはどー?
  面白いだろ?」

「へぇ〜、くだらない事を考えるんだね。」

「じゃあ、お前からな。」

「はぁ!?
  これ本気だったの!?」

「うん、まぁ。」

「秘密とか無いから!」

「へぇー、じゃあ、これは何ー?」

「…っ!
 何これ!?」

「知られたくなかったら言うんだな。」

「…分かった!
 言えばいいんでしょ!」

「そう来なくっちゃ。」

「はぁ。
  莉世君の言った通り、猫被ってたの。
  本当の私だったら、絶対はるちゃんを傷つけていると思う。
  だから、そんな自分を制御して、キャラを作ってるの。
 …これでいいでしょ。」

「苦労してるんだなー。」

「何でそんな呑気のんきなの!?
  じゃあ、次、莉世君だよ。
  私が言っておいて、自分は言わないってことはないでしょうね?」

「流石にそんな事しないって。
  ちゃんと言うよ。
  実は…俺、元々女だったんだ。」

「…は?
 女?
 莉世君が?」

「うん。」

「えぇ〜!?
  お、女!?
  全然見えないけど!?」

「今は完全に男だからな。」

「何で、男になったの?」

「障害を持ってたから。」

「…障害?」

「元々男性ホルモンが多かったから、性同一性障害ってやつ?になったんだって。」

「男になって、良かった?」

「うーん、微妙だな。
  でも、女は何かと怖い生き物だから、そういう面に関しては運があったと思う。」

「…そっか。
 じゃあ、指切りしよ。」

「おう。」

「お互い、頑張ろうね。」

「(やっぱり、お前のことが好きだ。)
 …そういえば、返事は?」

「う〜ん、まだ。
  私、莉世君のこと、何も知らないから教えてよ。
  私も、教えてあげるから。」

「分かった。
  じゃあ、また明日な。」

「うん。」



「はるちゃん、ただいま!」

「お帰り。
  随分遅かったね。」

「まぁね〜。
  それより、喫茶店でお茶しようよ!」

「うん、またミルフィーユ食べたい。」

「じゃあ、決まりだね!」

「不器用プラトニックラブ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く