不器用プラトニックラブ

風吹雪華

21話 選ばれし代表

「私は…人に役立つ仕事に就きたいです。」

「そうねぇ。
  色々あるから、調べてみたらいいわ。」

「はい。
   …あの、もう直ぐ弁論大会がありますよね?」

「そういえばそうね。
  それがどうしたの?」

「代表者は、もう決まったんですか?」

「それがまだなのよ。
  良い原稿が沢山あって選べないって校長先生が言っていたわ。」

「そうなんですか。
  有難うございました。」



教室-

私のクラスでは、弁論大会の話題で持ちきりだ。

「誰が選ばれるんだろうな?」

「どうせ同じメンツだろ。」

「比羅匡あたりの賢い奴は選ばれるんじゃねぇの?」

弁論大会は、毎年秋に行われる行事だ。

夏休みの課題に出されていて、その中から学年で5人を選び、最優秀賞を受賞した人は、全国弁論大会に出場することが出来る。

全国弁論大会で優勝したら、『幻の弁論者』という肩書きが残るのだ。

どっち道、同じ人が選ばれるに決まっている。

詰まらない話だ。

「はーい皆さん、席に着いて下さーい。
  今から連絡事項を言いますね。
  来週に弁論大会があります。
  先程、5人の生徒が選ばれました。
  今から発表します。」

騒めき出す教室。

担任の口から、思いがけない名前を発した。

比羅匡綺騾ひらまさきら君、円風聖琦まどかせいきさん、笛蕗千歳ふえぶきちとせ君、祇鴨御采かみかもみことさん、琴嶺永さん。
  以上の5人に決定しました。」

嘘…さっき、私の名前言った?

空耳じゃないよね?



昼休み-

弁当を食べようとしたら、女子達が群がって来た。

「琴嶺さん、凄いね!」

「琴嶺さん、賢いからやっぱり選ばれたんだね!」

「弁論大会、頑張ってね!」

「私達、応援してるよ!
  クラスで選ばれし1人なんだから!」
          
「あ、有難う…。」

穂架の視線が漂う。

きっと、喋りかけたいんだろうなぁ。

「ねぇねぇ、一緒に食べてもいい?」

「狡ずるい!
  私も!」

「私もー!」

「う、うん、いいよ…。」



琴嶺家-

「まぁ、弁論大会に出ることになったの?
  お母さん、見に行ってもいい?」

「ダメ。
  来ないでよ、恥ずかしいから…」

「きっと、永の想いが込められた作文なんでしょうねぇ。
  今回のテーマは、何だったかしら?」

「『夢』だよ。」

「『夢』ねぇ…。
  進みたい道が決まったのね。」

「うん。
  絶対に叶えたいって思ってる。」

「…流石、私の娘ね。」

「どういう意味?」

「私に似てるなぁって思って。」

「へぇ…?」
     
「早くに私は、夢があったの。
  ずっとその夢の為に勉強を頑張ったわ。」

「お母さんの夢は何だったの?」

「うふふ、内緒。」

「何それ、狡い。」

「さぁ、御飯食べましょ。
  遼雅を呼んでちょうだい。」



自室-

今週が過ぎたら、もう直ぐなんだよね…。

時間が経つのって早いなぁ。

結生、今どんな夢を見てるの?

私はずっと、悪夢を見てるよ。

大切な宝物を失う夢-

「不器用プラトニックラブ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く