不器用プラトニックラブ

風吹雪華

16話 心痛

もう8月に入って、炎暑が続く日々。

大会まで、時間は残っていない。

まだ結生は、1度も来ていない。

「琴嶺さん、そろそろ行こ〜?」

「じゃあ、行ってくるね…。」



「結生、何してるんだろうね…。
  飢えてなかったらいいけど…」

「富和君、このまま、結生は来なくなるかな…」

「琴嶺さん…結生は、何だかんだ言って、必ず帰ってくるよ〜。」

「(富和君、私のこと励ましてくれてる…皆辛い筈なのに)
   うん、そうだね。
   あ、汐璃さん、こんにちは。」

「こんにちは〜。」

「まぁ、最近お客さんが来るわねぇ。
  さぁ、上がってちょうだい。」



「結生は、今何してるんですか?」

「…まだ、閉じ籠ってるの。
 何も食べてないと思って、朝御飯や昼御飯、晩御飯を持っていってるんだけど、1口も食べてなくて…ドアを開けたくても鍵は掛かったままだから、倒れてないか心配で…
 パパも芽吹も、声を掛けてはいるんだけど、まともに返事が返ってこないって聞いたの。
 もういっそのこと、ドアを壊そうかとも考えてるの…。」

「僕なら、もうこじ開けてるかもしれないですね。」

「やっぱり、早めに壊した方が」

「汐璃さん、今日、もう1度来てもいいですか?」

「…えぇ。」



「琴嶺さん、何か思い付いたの?」

「まぁね。
  一か八かだけど、絶対に結生を助け出してみせる。」



夜-

「汐璃さん、スクリュードライバーで壊していいですか?」

「永ちゃん…それ、どこから持ってきたの?」

「話は後でしますから。
  じゃあ、やりますね。」

結生、待ってて…!

あ、開いた!

「結生!
   …えっ」

そこには、痩せ細った結生が倒れていた。

「結生…結生!
  汐璃さん!
  真澄さん!
  芽吹ちゃん!
   …結生が、結生が…!」 

「結生!
  パパ、早く救急車を!」

「結生、聞こえるか!?
  もう救急車来るからな!」

「結生…!
  生きてて…!」

私は、結生の手を、強く、強く握りしめた。

もう周りのことは見えず、ただ、名前を呼び続けることしか出来なかった。



芽吹ちゃんから連絡があった。

栄養失調と過労とのことだった。

入院するのに、長くても1ヶ月だと言っていた。

大会に出場することも、一緒に演奏することも出来なくなった。

早く、早く気付いていれば、こんな事にならなかったのに…!

全部、私のせいだ…!

私のせいで、結生が倒れることもなかったし、悩むこともなかった…!

自分を責め続けた。

こんな私なんて、居なくなればいいんだ…

「不器用プラトニックラブ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く