不器用プラトニックラブ

風吹雪華

1話 変わりのない日常 ー永ー

私達が出逢ったのは、まだ幼い、言葉を覚え始めた頃だった。

母曰く、昔からの知り合いで、よく会っていた羽瀬北汐璃はせきたしほりさんがきっかけで、結生と出会った。



幼稚園児の頃は、結生がガキ大将だったから、面倒を見るのに苦労した記憶しかなかった。



小学生になって、落ち着いたと思ったら、モテ出したのだ。

狙ってる女子達が多く、告白現場によく遭遇した。



中学生になっても同じだった。

でも、結生は意外な部活に入部したことから、後輩から先輩達に注目を浴びていた。



そして現在-

高校生になっても変わらなかった。

私達は今2年生。

陽射しが強く、眩しい夏。

私は今、結生が忘れ物をしたらしく、部室に向かっているところだ。

(何で自分で行かないのよー!)

そう言いつつも、届けに行ってる自分が、何となく可笑しかった。

いつものように、音楽準備室の扉を思いっ切り開け、結生を叱った。

結生は適当に流し、練習を再開した。

「結生って本当に相変わらず人の話聞かないのね。
  信じらんない。」

昔から結生は、人の話を聞かないし、突っ走る性格だから、皆に迷惑をかけることが多い。

「そんなことないだろ?
  ちゃんと聞いてるって。」

溜め息が次々と吐き出る。

もうこの性格にうんざりだ。

皆はどこに惹かれたんだろ…?

未だにモテていることは謎だった。

「不器用プラトニックラブ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く