不器用プラトニックラブ

風吹雪華

0話 遡る過去

病室に響く、赤ん坊の産声。

意識が朦朧もうろうとなる。

ほっとしたせいか、深い眠りに陥りそうだった-。



翌日、ある新婚夫婦が御見舞いにやって来たのだ。

私と同じ年に結婚し、赤ん坊を抱えて、微笑しながら顔を出してきた幼馴染みだった。

彼女は久方純麗ひさかたすみれ

高校時代の心友だ。

私は、彼女の微笑みに涙した。

嬉しくて、ただ嬉しくて…。

彼女の胸で、ひたすらに泣いたことしか覚えていなかった-。



それから、子供が大きくなって早半年。

久方夫婦と共に、新婚旅行に行く予定を立てていたのだ。

純麗は、旅行が唯一の楽しみだったので、皆より口数が多かった人だった。

元々純麗は、内気な性格だったので、ありのままの自分を見せることが出来なかったのだ。

だから旦那のけいさんも、とても驚いたらしい。

その話は置いといて、何とか話し合って決定した行き先。

その一週間後に出掛けるつもりでいた-。



当日-

私達は、親戚に子供達を預け、出掛けた。

空港で待っていると、何やら警備員の数が増えたのだ。

警備員達に何があったのか聞いても、何も答えてくれなかった。

ただ見回りをしている。
それだけだった。

暫くして、久方夫婦が到着し、急いで飛行機に乗った。

飛行機に乗ってから、私達は一眠りについた-。



ふと目を覚ましたら、騒めきが聞こえた。

目の前に、刃物を持った男が、何か喋っていた。

何があったのか、何を言っているのか理解ができず、逃げる余裕がなかった。

男が私に近づき、人質にされたのだ。

純麗が走って、男を説得している様子だった。

だが、男は聞こうともせず、刃物を振り回して暴れていた。

純麗は血だらけになっていた。

その光景を見て、私は必死に抵抗した。

暴れるな!殺すぞ!-

暴れてもいい、殺してもいい!

純麗と恵さん、主人は必ず死なせたりしない!

でも…

男は、向かってくる純麗に刃物を刺した。

それを見た恵さんは、血だらけになった純麗を、ただ抱きしめることしか出来ず、私達もただ、2人を見てることしか出来なかった-。



純麗が亡くなって、通夜の日-

恵さんが、純麗から遺言を預かっていると言った。

私の大切な宝物を、子供に渡して欲しい、と。

恵さんは、私の手に、それを握りしめた。

僕からは渡すことが出来ないと言っていた。

あれはどういう意味だったのか、分からなかった…。



純麗が亡くなってから、恵さんは遺言書を残し、この世を去った。



私達は、唖然とした。

もう、2人は帰って来ないんだ…。

「不器用プラトニックラブ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く