my nightmare

ノベルバユーザー181465

気がつくと、僕は知らない道のど真ん中で突っ立ってい
た。

月の光に薄く照らされた、歪んだ道。

初めて、なにかゲームをするような。

まだ体の動かし方もわからない、生まれたての小鹿のような、ぎこちない動きで、僕は歩き始めた。

「my nightmare」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

コメントを書く