話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

極限まで進化した頂点者の異世界生活

紫銀

三十五話世界樹木の加護

訳が分からないまま取り残された俺達は急遽きゅうきょ沙奈も王都セレトに行くことに決まり、俺達はナウロスさんに連れられ、身体検査をする事になった。
「海斗くんと架菜ちゃん、沙奈ちゃんは僕と検査室にいこう。兄さん、セラちゃん達をお願い」
「分かった」
一旦セラ達と別れ、ナウロスさんに連れられ検査室に着く。
検査室の中は、中心に巨大な水晶があり、そこから根の様に水晶が伸びている。
「綺麗だな」
「うん」
水晶は淡い水色に光ながらゆっくりと回転している。
「検査室って言ったけどただの検査室じゃないんだここは。そしてこれは世界樹木の水晶ウィレイストと呼ばれる世界樹木の加護を受けた者を探すための水晶なんだ」
「世界樹木の加護?」
「あぁ、世界樹木は世界の根源と言われていて、世界樹木から僕達の命が産まれ、死んだら世界樹木に戻って行く。こうやって生命の循環が行われているんです。そして、その加護を持つ者は勇者などこの世界で唯一の存在であることを示すんです」
世界で唯一の存在・・・
勇者か、多分唯一の存在ではあるだろう異世界から来たのは俺だけじゃないからそこは違うが滅亡者ホロボスモノ蘇生者リザレクト能力はゼロが撒いた種が発芽した能力ものの進化だ、この世界で同じ能力ものを持っている人はいないだろう。
「その存在かを確かめる訳か」
「はい、海斗君と架菜さん、紗奈ちゃん。三人とも世界樹の加護を受けていると思うのでそれの確信が欲しいんです。もし加護があれば殺される可能性が低くなるはずです」
「そうなのか?でもそれでもナウロスさん貴方が殺される可能性は変わらないままじゃないですか」
「そうだねでも大丈夫だよもう覚悟は決めたから」
そう言うナウロスさんの眼は強い意思を持った眼で、俺は何も言えなくなった。
「さぁ、始めようか」
ナウロスさんに促され、水晶に近づくと、水晶が放っていた淡い光が少しずつ強くなっていく。
「まずは海斗くん、水晶に触れてみて」
「分かった」
水晶にゆっくりと近づき、目の前まで行きくと、自然と手が水晶に伸びる。
キィィィィン!
手が水晶に触れた瞬間水晶が甲高い音をならしながら一瞬だけ光輝く。
ピロン!
水晶に触れた直後ステータスに反応があり、ステータスを開く。
称号・世界樹木の加護
この世界における唯一の能力を持つ者。
消滅をつかさどる使徒の一人。
消滅の使徒【勾玉】【黒玉】
称号か、何でもありだなほんと。
消滅の使徒のなかでも唯一の【勾玉】に属する使徒って訳か。
「ナウロスさん、終わったよ」
「さっきの光かたからしてやっぱり海斗くんも加護持ちだったね。良かった」
「はい」
ナウロスさんは死ぬかもしれないのに俺達の事で安心するなんて・・・
「じゃあ、次は架菜ちゃんだね」
そうだ、まだ架菜と沙奈が残ってる喜ぶのははやいだろう。
俺は架菜と入れ替わり、水晶の様子を見守った。


読んでくださった方は感想を書いて頂けると有難いです。
誤字等があればコメントで言っていただけるとありがたいです。
久々の更新となりました。
忙しい時期も少しゆっくりになったので、少し余裕が出てきました。
少しづつ更新していきます。
更新が止まっている間も読んでくださった皆様ありがとうございます。
今後はもう少し更新出来るよう頑張ります。


「極限まで進化した頂点者の異世界生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く