話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

極限まで進化した頂点者の異世界生活

紫銀

三十四話力と覚醒

時ノ者トキノモノッ!
やっぱり人格がもう出来ていたか。
ホロスの力が相殺されたのか?
【違うようだ、力を掻き消された。力自身の消したんだ】
【力を消す?】
【俺の力を使う前にその空間だけ時間を戻したんだ】
一部の空間だけの時間の巻き戻したってことか。
滅亡者ホロボスモノ蘇生者リザレクト君達に会うのは初めてだね」
【俺達を知ってるのか】
「会ったことないんだろ?なんで知ってるんだよ」
まずは情報がいる。まず、こいつはなぜここに肉体を持って顕現けんげん出来ているんだ。
「僕がゼロの欠片かけらだったら?」
「ゼロの欠片かけら・・・だと・・・」
どうゆうことだ。ゼロの欠片かけらってことは、ゼロの記憶を持っているのか。
「あの・・・」
「なんですか?ナウロスさん」
今ちょっと整理出来てないから本当は後がいいんだけど。まぁ、いいか。
時ノ者トキノモノなんて能力聞いたこと無いので、一つ質問が」
「なんですか?」
時ノ者トキノモノ時空者エターナルの力を持ってませんよね?」
・・・そうだった。紗奈の能力を見たときにあったんだった。時空者エターナルの力を持つ能力だって事を。
どうする、ナウロスさんに本当の事を言うか・・・それとも隠し通すか・・・
「僕が時空者エターナルの力を持ってるかって?持っていると言えば持っている。だが、持ってないと言えば持ってない」
だが、そんなことをお構い無しに時ノ者トキノモノは平然と話す。
「嘘だろ・・・」
「大丈夫、彼は僕の事を言わないよ」
「は?そんな事分かるわけが無いだろナウロスさんは国の人間だ」
ナウロスさんを信用していない訳ではないが所詮そんなものだ。言わない理由がない。
「いや、言わない・・・言えないの方が正しいか。彼はそれを言うと殺されるだろうからね」
「どうしてだ?」
「僕達の存在は国を挙げて抹消しようとするから、少しでも情報の漏洩ろうえいの確率を防ぐために殺すだろうね」
あぁ、そうゆうことか。
能力の中でも特殊な滅亡者ホロボスモノ蘇生者リザレクト時ノ者トキノモノ、この三つの俺と紗奈が持っている力が民に広まったら混乱が起こるから知ってしまったナウロスさん達は殺されるのか。
「まぁ、大丈夫僕はまだ時空者エターナルと同じ力は使えないからさ。それに君の滅亡者ホロボスモノ蘇生者リザレクトも完全に力が出せてる訳じゃないからね」
「どうゆうことだ?」
「僕とその二人はまだれっきとした覚醒はしていないんだよ」
消滅者ケスモノ創造者ツクルモノは融合し、滅亡者ホロボスモノ蘇生者リザレクトに進化したはず。
それでも覚醒していないのか?
「進化と覚醒は違うんだよ、ゼロ様の欠片である、僕時ノ者トキノモノ、ゼロ様から産まれた種が発芽したのが創造者ツクルモノと消滅者ケスモノ。そして、創造者ツクルモノ消滅者ケスモノの融合による進化したのが滅亡者ホロボスモノ蘇生者リザレクト。僕達三柱さんにんはゼロ様によって集められた能力達と考えていてくれ」
「お、おい!」
時ノ者トキノモノはそれだけ言い残して紗奈に触れると、一瞬にして消え、何事も無かったように俺達は取り残された。


読んでくださった方は感想を書いて頂けると有難いです。
誤字等があればコメントで言っていただけるとありがたいです。

「極限まで進化した頂点者の異世界生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く