話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

極限まで進化した頂点者の異世界生活

紫銀

三十三話時ノ者

今日から海斗目線に戻ります。


「ッ・・・」
紗奈が叫ぶのと同時に部屋中に広がった光から目を覆う。
光が鎮まり目を開くと、同年代くらいの黒髪黒眼の女がいた。
なっ、何が起こったんだ?
「海・・・にぃ、架菜ねぇ、私・・・体が・・・」
「もしかして・・・紗奈・・・なのか?」
「うん、そうだよ」
「うそっ・・・本当に・・・紗奈なの?」
架菜も俺と同様に、状況をきちんと理解出す来ていないようだ。
紗奈の変化は成長したように見える。
【さっきの光は時ノ者トキノモノだな】
話を聞いていたのかホロスが教えてくれた。
え、時ノ者トキノモノ?まさか、紗奈の能力のスペルか。
【そうだろうな】
「紗奈、どうしてそうなったか分かるか?」
「うん、いつのまにか時計が沢山ある部屋に居て、自分を時ノ者トキノモノって言った男の子にあって。スペル?て物をその男の子が使ったらこうなってた」
ホロスが言ってた事と同じか。
紗奈が自分で発動したんじゃなさそうだから、やっぱり時ノ者トキノモノにも人格があるのだろう。
「彼女も・・・まさか時空者エターナルを持ってるのか!?」
時空者エターナル?ナウロスさん紗奈の能力を知ってるのか?
「ナウロスさん、紗奈の能力が分かるんですか?」
「え、あぁ合っているか分からないけど、時間を超越ちょうえつする者それが時空者エターナルと言う能力なんです。紗奈さんの能力がそれに似ている気がするので・・・」
時間を超越ちょうえつする者・・・時ノ者トキノモノはその一端を担っている。
そんな感じか・・・
「時間の超越ちょうえつする者・・・それって危険な物何ですか?」
「えぇ、とても。ですがそれは使う者が危険に晒されるという事です。時間を超越ちょうえつする、一見無害そうですが古代にしかなかった古代魔道具を持ち帰れたりしたらその時は最悪です。」
「どうしてですか?」
古代魔道具はそんなに危険なのか?
それに紗奈自身が危険に晒されるってどうゆうことだ?
「まず、古代魔道具は神の道具とされていて、死者を生き返らせる【死者の聖冠】や、どんな魔法、能力、武器が通じない鎧【不消の鎧】などの神の力が宿った道具があると伝承されていて、それを時空者エターナルは何の困難なく手に入れれるそれは、時空者エターナルを持たぬ者でも時空者エターナルを持つ者が過去に連れて行こうと思えば連れて行く事が可能だからです。そしてそれは、国が動いてでも止めようとする」
つまり、紗奈がその時空者エターナルを持っていたら国が動いてでも殺すとゆうことか。
「紗奈、ステータスを見せてくれ」
「え、うん、分かった」
紗奈のステータスを見ると、最初見た物と変化はなく、固有能力時ノ者トキノモノ革命者カエルモノだけだった。
だが、時ノ者トキノモノの隣にスペルが表示されており、そこに時空者エターナルの効果を持つと書いてある。
最初に見た時は少ししか見なかったから気づいて無かったかのか。
たぶん最初から時ノ者トキノモノのは時空者エターナルの能力と同じ力があったのだろう。
【ホロス、能力の消滅って出来るか?】
【あぁ、たぶんだが出来るだろう】
【じゃあ、頼めるか?】
【了解だ、主】
これで大丈夫だろう。時ノ者トキノモノ時空者エターナルがあっても能力自体が無くなれば問題はないはずだ。
【主、もういいか?】
【あぁ!】
ホロスが消滅の力を使った瞬間、体から何かが消える感覚がする。
だが、
「勝手に僕を消そうとしないでよ」
紗奈の身体から半透明の身体の男の子が出て来てホロスの消滅の力を相殺そうさいした。
「やぁ、初めまして僕は時ノ者トキノモノ。主は紗奈さんよろしくね!」
そう言った少年は満面の笑みで俺達の前に現れたらのだった。


長期の休みすみません。
なかなか書く時間がなく進めれませんでした。
今後もよろしくお願いいたします。

「極限まで進化した頂点者の異世界生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く