話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

極限まで進化した頂点者の異世界生活

紫銀

三十一話紗奈の覚醒

更新が思ってたよりも遅くなってすみません。
更新出来なかった間も読んでくださっていた方々ありがとうございます。
これからも更新はしていきますが、今回のように遅くなるかもしれません。
ですが、これからもよろしくお願いいたします。


「ん、ふわぁぁ」
えっ、ここは・・・
そう言えばセラが動けないままだらか動けるようになるまで待ってたんだったな。
目の前のベットに眠っているセラ達を見ながら昨日の事を思い出す。
昨日の夜、皆が眠ってしまった時に起きたセラと、話をしていて途中で睡魔に襲われそのまま、そこからの記憶がない。
「あのまま寝てしまったのか」
セラに悪い事をしたな。魔能力書を読んで時間を潰してたけど、セラが起きた時間は予想以上に遅くてそれも疲れてたから、寝落ちしたのか。
「ん、あ、マスター、おはようございます」
「おはようセラ、もう大丈夫なのか?」
「はい、おかげさまで大丈夫です」
「そうか、良かった」
セラが動けるようになったから、皆動けるようになったって事か。良かった。
セラが起きると、架菜達も起きて、全員が目を覚ました時にナウロスさんが部屋に入って来た。
「海斗くん、君の今後の事で言わなきゃいけないことごあるんだ」
「なんですか?」
「海斗くん達には今から王都セレトに行ってもらうよ、君はもうただの人間じゃない、この世界の鍵になるんだ」
「鍵・・・ですか・・・?」
消滅の使徒の鍵って事か?でも世界の鍵って言ってたしな。違うのかな?
「あぁ、そうだ、世界の鍵、またの名を世界樹木の鍵ウィレストと言う世界の中心にあると言う世界樹の鍵だと言われている。その世界樹があるのが、王都セレトなんだ」
「世界樹ですか」
よく言う、あの神々しくてバカデカイ樹木の事か?
この世界にもあるんだな。世界樹。
「まぁ、そこに何があって、どのような理由で海斗くんが王都に行かないといけないかの理由は聞かされてないんだ。ごめんね」
「いえ、大丈夫です」
ナウロスさんも聞かされてないってことは、重大な事なのだろう。
「ただ、王都に着いたらきちんと説明はしてくれるらしいから、そこは安心して」
「はい、分かりました」
説明があるなら大丈夫だ。もし危険だったら拒否するだけだ。
拒否出来なかったら皆で逃げるまでだし。
「じゃあ準備をしといてくれ、あぁ、後王都に行くのは海斗くんと架菜さんだけだ」
「え、どうしてですか?」
俺達を王都に行かせている間に紗奈達に何かするきか?
もしそうなら許さない。この世界は、何を信じればいいか分からないからな。
「そんなの・・・そんなの許さない!」
「どうした紗奈?」
「私と架菜ねぇと海にぃを引き剥がそうなんて許さない!!!」
「・・・ッ!」
ナウロスさんとの話を聞いていた紗奈が、ブツブツと何かを言っているのに気づき、紗奈の声を聞こうとすると、突然紗奈が叫びだし、部屋が揺れ始める。
そして、時間が止まった。





「極限まで進化した頂点者の異世界生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く