話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

極限まで進化した頂点者の異世界生活

紫銀

三十話セラの心情

        ~セラ目線~   
目を覚ましたのは外が暗い夜の刻だった。
「マスター?」
目線の先には椅子に座り、本を読んでいる、マスターである黒羽海斗がいる。
命の恩人であり、妹の様に一緒に育ってきたリィ達の奴隷の首輪を外してくれた人である。
でもなんでここに?訓練をしているから来ないだろうと思ってたんですが・・・
「ん?あぁ、起きたかセラ」
「どうしてここに?」
「はぁ、当たり前のことだろ、心配だらかだろうが」
「心配?」
そんなことをしてくれるのか?奴隷に対しての対応がおかしい気がする。
最初に合った時をそうだった。
奴隷、それも亜人デミ・ヒューマンのリィとシュリを助けただけでなく、魔族の私も救ってくれた。
昔魔族は人間ヒューマンを、大量に虐殺して魂を集めて悪魔を呼び寄せ、さらに人間を殺し続けた。
それにより、魔族は問答無用で捕獲され奴隷として扱われる。
でもマスター・・・黒羽海斗様は違った。
亜人デミ・ヒューマンであるなどは関係なく、私達を悪魔の様な神官から守り、見捨てず大勢のゼネラの群衆を皆殺しにして、救ってくれた。
群衆の中に所有者がいたおかげで自由になったが、私達はマスターについて行きたいと思い、マスターと所有者契約を結んだ。
殺されてもいい、どんなことでもするつもりだったが、マスターは怪我をした私達の心配までしてくれている。
普通であありえない人だと思う。
「セラだけが起きれないって聞いたから来たんだよ」
「どうしてですか?私達は奴隷ですよ?なのに・・・なんで・・・」
「ん?奴隷とか関係なく心配はするよ、家に来なって言ったからね」
そんな口約束の事で心配までしてくれている。
マスターは優しい、歪んでいるとかは関係なくただ今自分がした方がいいと思っていることをしているだけなんだ。
「そんな、口約束なんかで・・・」
「口約束でも約束は約束だ、俺はそんな事がなくてもセラ達を心配するよ?」
「どうして、ですか?」
「理由なんてないよ、ただ今、この時心配しているから心配している、それだけのこ・・・とだ・・・」
ボフン!と音を立てて眠ってしまったマスターを見て、凄いと思う。
たとえどんな者が来てもマスターが守ってくれる気がする。
理由はない、ただ直感的にそう感じれるのだ。
そんなことを考えながら身を睡眠の闇にまかせ、再び意識が闇に落ちるのだった・・・



読んでくださった方は感想を書いて頂けると有難いです。
誤字等があればコメントで言っていただけるとありがたいです。

「極限まで進化した頂点者の異世界生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く