話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

極限まで進化した頂点者の異世界生活

紫銀

二十九話所有者

「マスター!」
「マスターなのです~」
「おっと」
部屋に入って来た瞬間、リィとシュリが飛び込んで来る。
てゆうかマスターって何?リィとシュリのステータスを見てみると、所有者・黒羽海斗と示されている。
セラ達のステータスを見る事ができたことから、ステータスについて分かった事があった。
主にステータスは、周りの人間には名前、年齢の二つは誰でも自由に見ることができ、能力などは、所有者が見せようと思えば見せれるらしい。
そして、奴隷は主の所有物扱いとなり、ステータスも好きに見られるようになっている。
だから、助けたらこの子達の所有者・・・親になったってことか。
「兄さん、リィちゃんとシュリちゃんの傷治ったよ。あれ?海斗くんと架菜さん?もう来たんだ、早かったね。海斗くん達が来る前に終わらせようとしたんだけどな」
「そうなんですか、すいません」
「いや、いいよ」
本当に助かった、俺だけじゃ完全には治せてなかっただろうからな。
「ナウロス、回りの音を消してくれ、セラさんの状態を見たい」
「分かった、音消しサウンドシャット
ナウロスさんが防音者サンプルフスペルを発動し、俺達以外の回りの音を消した。
観察眼ミルモノ・発動・状態認識ステイカンファー
ネグロスさんがスペルを発動したのだろう赤かった目が緑色に変わり、それに反応するようにセラの体も緑色に光だした。
「ナウロスさん、ネグロスさんは何をしているんですか?」
「ん?あぁ、兄さんは固有能力観察眼ミルモノを持っていてね、他人の肉体的状態が分かるんだ。だからいつもは、医療と冒険者の両方を行っているんだ」
観察眼ミルモノか、凄いな、優美さんの見抜者ミヌクモノみたいな能力か。
しばらくしてネグロスさんが目を閉じると、セラの体の光も消え、ナウロスさんが音消しサウンドシャットの効果を停止させた。
「兄さん、セラさんの状態はどうなんだ?」
「もうほとんど完治状態だけど、たぶんショックを受けすぎて脳内の処理が追い付いてないから目が覚めないんだろ、もう少ししたら目を覚ますよ」
「了解、海斗くんも分かったかい?」
「はい、大丈夫です」
「じゃあ俺達は医療ホールの方に戻るからな、目を覚ましたらきちんと目が見えるかを、確かめてくれ」
「分かりました」
ナウロスさん達が出ていくと、俺達はセラの回りに座り、セラが目を覚ますのを待った・・・



読んでくださった方は感想を書いて頂けると有難いです。
誤字等があればコメントで言っていただけるとありがたいです。

「極限まで進化した頂点者の異世界生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く