話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

極限まで進化した頂点者の異世界生活

紫銀

二十八話兄弟

「架菜~」
「あ、海斗、もう体は大丈夫なの?」
「うん、大丈夫」
「そう、良かった」
あれ?そう言えば紗奈はどこにおるんだ?
てっきり架菜と一緒にいると思ったんだが。
「紗奈はどうしたんだ?」
「セラ達がまだ目を覚まさないから、一緒にいるよ」
紗奈はセラ達と一緒にいるのか、ちょうど良かったきちんとセラ達の能力とかを知らないといけないからな。
架菜はあそこに一緒にいたからセラ達の事を知ってるしな。
「分かった、じゃあ行って来るよ。紗奈達はどこの部屋にいるんだ?」
「右側の廊下を奥に行って、突き当たりの部屋が紗奈達がいるよ」
「了解、架菜も来るか?」
「うん」
架菜が子供達と別れたのを見てから架菜と一緒に紗奈達の所に行く。
医療ホールは入り口とは反対の位置に左右に長い廊下があり、機密部屋に繋がっているのが左側で、右側の方に紗奈達がいる部屋がある。
架菜に道案内をしてもらいながら廊下を進み、紗奈達がいる部屋に着く。
部屋に入るとセラがベットの上に仰向けになっており、紗奈が付き添うように隣に座っている。
「紗奈、セラ達の容態はどう?」
「海にぃ、起きたんだ、セラさんは一応目を覚ましたんだけど、まだ動けないらしいよ、今は眠ってる。後リィちゃんとシュリちゃんは赤い髪の男の人に連れて行かれた」
「赤い髪の男?」
「うん」
誰だそれ?赤髪の男か、たぶんナウロスさんと同じ様に国連医療の人だと思うけど・・・
「それ俺の事か?」
「え?」
後ろから声を掛けられ、振り返ってみると、大柄で、背中には大剣を背負っており、燃える様な赤髪で、目も髪と同じ赤い目の男が立っていた。
この人が紗奈が言っていた赤髪の男だろう。
歳は二十代前半って所か。
どことなくナウロスさんに似ている。
「君が黒羽海斗くんだね、俺はルザン・ネグロス、ナウロスの兄だ」
やっぱりか、ナウロスさんに似ているもんな。
でも、ナウロスさんは青髪でネグロスさんは赤髪で対称的な感じもする。
「黒羽海斗です、セラ達はどうかしたんですか?」
「いや、少し怪我の後が残ってたからね、ナウロスにきちんと治してもらったんだ、奴隷と言っても女の子だからね。もう少しすれば終わるからこっちに来るんじゃないかな?」
「そうですか、ありがとうございます」
リィ達大丈夫かな、信用してない訳じゃないが、魔族は嫌われているみたいだからな。
何かあったらただじゃおかないぞ。
そんなことを思っていたが、入り口の扉からナウロスさんがリィ達を連れて部屋に入って来た。



読んでくださった方は感想を書いて頂けると有難いです。
誤字等があればコメントで言っていただけるとありがたいです。

「極限まで進化した頂点者の異世界生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー179677

    同じ文章が2回続いてます

    0
  • バンブー15kg

    ほぼ毎日更新お疲れ様です!
    頑張ってください

    0
コメントを書く