話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

極限まで進化した頂点者の異世界生活

紫銀

二十六話イサススペル

「こんな物か?レト」
「そうですね」
火の基礎技イサススペルを使えたことが分かった俺は、他の基礎技イサススペルを発動しようとしていた。
「これで最後か『シェイド』」
最後である闇の基礎技イサススペルを発動する事を確め、停止する。
「全てきちんと使用出来ましたね」
「あぁ」
基礎技イサススペルはそれぞれ一つずつあり、全ての基礎技イサススペルを発動していた。
火は『ファイア』、水は『アクア』、木は『ブルーム』
地は『サンド』、風は『ヴァン』、雷は『インパルス』
光は『ライト』、闇は『シェイド』だ。
『ファイア』は火球、『アクア』は水球、『ブルーム』は発芽、『サンド』は砂、『ヴァン』は風、『インパルス』は電波衝撃、『ライト』は光球、『シェイド』は影。と言った所だ。
「でもなんか疲れたな」
「魔力の使いすぎですね、魔能力は魔力の消費が凄いので、まぁ、連発していた主にも問題はありますが」
「・・・すいません」
レトってなんか凄い威圧感を出して来るんだよな、球体なのに。
まぁ、いいけど。それにしても本当に疲れた、眠たい・・・
「もう訓練は止めましょうか、そろそろホロスも起きるでしょうし、主の体力が底を突きそうですので」
「やっと、終わりかぁ~」
疲れた、本当に。
他にも初級魔能力の詠唱まではパラパラ見て全部覚えた。
記憶者メモリアって使い勝手が良すぎる。
まぁ、お陰様で詠唱を完璧に覚えたんだけどな。
「ナウロス殿を呼んでから架菜さん達の所に連れて行ってもらったらどうですか?」
「うん、そうするよ」
と思ったけど・・・どうやって呼ぶんだ?
さっきはナウロスさんが自分から来てくれたけど・・・うーんどうするかな?
「呼んだかい?」
「うわぁ!」
突然後ろから声を掛けられ、声のした方をみると、ナウロスさんが立っていた。
どこから入って来たんだこの人。
「変な声まで出して、そんなに驚いたかい?」
「はい・・・」
そりゃ驚くだろ急に声を掛けられたんだから。
「そうかい、それは悪い事をしたね、すまない」
「いや、それよりもどこから入って来たんですか?」
「うーん、僕の固有能力で入って来たんだよ、防音者サンプルフ音消しサウンドシャットで音を消して、入って来たんだ、あとは遠聞者キクモノで会話を聞いてたんだ」
防音者サンプルフ遠聞者キクモノか、二つとも音に関係してる能力かナウロスさんは、音に関係する能力の持ち主だったのか。
「凄い能力ですね」
「まぁ、使い方によるけどね、それより架菜さん達の所に行きたいんですよね」
「はい、そうです」
目を覚ましたそうだし、そろそろ会いに行かないと怒られるしね。
前なんて架菜が病気の時に何も言わずに学校にいったら、キレられたし。
「では行きましょうか」
「お願いします」
「はい」



そのまま次回続きます。
読んでくださった方は感想を書いて頂けると有難いです。
誤字等があればコメントで言っていただけるとありがたいです。

「極限まで進化した頂点者の異世界生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く