話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

極限まで進化した頂点者の異世界生活

紫銀

二十五話魔素・属素

「そう言えば魔力ってどうやって回復するの?」
魔能力の使用に失敗した俺は、レトに魔力の循環・圧縮・放出の練習をしながら、気になっていた魔力に関してレトに聞いていた。
「魔力の回復は空気中にある魔素マナを全身が吸収をして、体内で魔力に変える、と言ったところでしょうか」
魔素マナか、空気中にあるって言っても見えない事からして、酸素とかと同じようにこの世界ではあたり前にある気体の様な物か。
「後は、主は魔能力の適性がありましたよね」
「うん、そうだけどなんで?」
「いえ、魔能力の適性がある人は体内に魔素マナを魔力だけでなく、炎の魔能力を持っていたら火素かそ、水でしたら水素、風でしたら風素ふうそと言った、それぞれの属性の気体・・・正式には属素ぞくそを体内で生み出してスペルを発動するんです」
なんでも、炎は火素かそ、水は水素、木は縁素えんそ、土は地素ちそ、風は風素ふうそ、雷は來素らいそ、光は光素こうそ、闇は暗素、と言った属素が生み出せるそうだ。
「てことは俺は全部の属素が生み出せるって事か」
「そうです、ですから二属性以上で生み出せる属素が作り出せるはずです」
「二属性以上で生み出せる属素?」
なんだそれ?合成属素みたいな物か?
「例えば水素と地素で、濁素だくそなどでしょうか、それが二属性以上で生み出せる属素です」
「水素と地素で濁素・・・なんかめんどくさいな」
「まぁ、ほとんどは水地素アクアラウンドと言います」
アクアラウンド?凄いネーミングだな、濁素の方が言いやすい気がする。
てか、なんでも言い換えるよなこの世界。
めんどくせ~。
「あれ?そう言えば無は何なんだ?」
「無は魔力だけですよ」
「そうなのか、でもこの属素と魔能力の関係はどんなやつなんだ?」
そこが一番大切な事だ、属素と魔能力の関係がはっきりした方が色々と分かりやすい。
無は関係ないとして、他の属素は関係があるはずだ。
「魔能力はこの属素と魔力を絡めて・・・結合して、スペルを発動するんです。ですから適性が無い方は魔能力を発動できず、適性と魔力があれば上級魔能力までいけるんです」
「そうゆうことか、分かった」
つまり、属素が生み出せない適性者じゃない者は魔能力を発動できず、体内で属素が生み出せる体の人間は魔能力を使える訳か。
「ですが主はデタラメですよ、全部の適性があるなんて、普通は二個、多くて四個、天才と言われても六個あればいい方ですよ?」
「ははは、そりゃ凄いわ」
九個もあったらいろんな事ができそうだな。二属性以上で生み出せる属素の新しい属素も生み出せそうだ。
「よし、じゃあ練習をするかな」
どれだけ適性が多かろうと使えなければ意味がない、練習あるのみだな。
「そうですね、私も手伝います主よ」
「あぁ、ありがとう」



読んでくださった方は感想を書いて頂けると有難いです。
誤字等があればコメントで言っていただけるとありがたいです。

「極限まで進化した頂点者の異世界生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く