話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

極限まで進化した頂点者の異世界生活

紫銀

二十三話魔能力

「訓練は上手くいっていますか?」
「ナウロスさん、この状況を見て上手くいってないように見えますか?」
上手くいってなかったら今までの努力はなんだったんだって叫ぶぞ俺。
だってあれだけスパルタなレトの訓練を受けたんだ、上手くいってなかったら最悪だよ。
「そうですね」
「ところでナウロスさんは何かあるから来たんじゃないの?」
「あっ、そうでした、架菜さんと紗奈さんが目を覚ましましたよ。まだ動けないようですが」
「本当ですか!!」
良かったぁ~二人共目を覚ましたのか。
あれ?じゃあ義妹達は?広夜さんは?
「あの、他の奴等は・・・?」
「他の方々はまだ目覚めていません、でも優美と名乗る女性は目覚めて子供達の回復の手伝いをしてくださっています、治癒者イヤスモノを持っていらしたので、とても助かっています。なにせ二十人もいますから人手が足りないんですよ」
「そうなんですか」
優美さんは目覚めたのか、良かった。
でも義妹達はまだ目覚めてないのか・・・
広夜さんは義妹達を庇って一番怪我をしていたからな・・・大丈夫かな・・・
「それと、はいこれ海斗君、魔能力書」
「魔能力書?」
魔道書みたいな物か?
「うん、適性をみるために一冊ずつ触れてみて、光ったら適性があるからね」
「分かりました」
魔能力書は全部で九つあり、それぞれ[赤・青・緑・茶・黄緑・黄・白・黒・半透明]だ。
ナウロスさんが地面に置いた魔能力書?魔道書?に一つずつ触れていく。
最初に赤い魔能力書に触れると、魔能力書は赤い光を放ち、消える。
「えっと、これでいいの?」
「はい、大丈夫です、残りも触れてみてください」
「分かりました」
残りも触れていくと、全てがそれぞれの色の光を放ち、赤い魔能力書と同じように消える。
「えっと・・・」
「全てに適性があるのですね・・・」
ナウロスさんも最初は「凄い・・・」とか言ってたのに、一つずつ触れていって魔能力が光るのをみたらだんだん「えっ・・・」とか言い出すし・・・おかしいの?これ?
ピロン!
ん?なんだ?
ステータスから音が聞こえ、ステータスを開いてみると、能力が増えていた。
それも始めてみる能力の種類だ。
魔能力・炎・水・木・土・風・雷・光・闇・無だ。
炎・火を操る力。スペルが多数ある能力の一つ。
攻撃型魔能力が強力になる。
水・水を操る力。スペルが多数ある能力の一つ。
防御型魔能力が強力になる。
木・自然を操る力。スペルが多数ある能力の一つ。
契約型魔能力が強力になる。
土・土を操る力。スペルが多数ある能力の一つ。
罠型魔能力が強力になる。
風・風を操る力。スペルが多数ある能力の一つ。
援護型魔能力が強力になる。
雷・雷を操る力。スペルが多数ある能力の一つ。
警戒型魔能力が強力になる。
光・光を操る力。スペルが多数ある能力の一つ。
治癒型魔能力が力になる。
闇・闇を操る力。スペルが多数ある能力の一つ。
異状型魔能力が強力になる。
無・固有の魔能力。
・・・多い、多すぎる!
「えっと、ではこの魔能力書は差し上げます。魔能力は特殊なのでスペルを本で得る能力なんです、それに魔能力の適性者はこの本の能力を段階的に使えるようになりますので」
「あー、はい、分かりました」
うん、知ってる。属に言う魔法とか魔術だね、これも覚えろと・・・
またきつそうだ。



読んでくださった方は感想を書いて頂けると有難いです。
誤字等があればコメントで言っていただけるとありがたいです。

「極限まで進化した頂点者の異世界生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く