話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

極限まで進化した頂点者の異世界生活

紫銀

十三話首謀者

「なっ・・・」
振り返り、飛んで来た物の方を見ると弓を持ったら男が矢を射った時の体勢で固まっている。
こいつらまだ諦めてなかったのか?しぶといな、て言うか今完全に殺しに来たよね?
「くっ、矢を持ってこい!殺してやる!あのガキも一緒に殺せ!」
まだ殺すとか言ってんのか?こいつら。
群衆が弓を絞り、俺達に向け、矢を放つ。
精製・鉄の傘。
精製した鉄をギリギリまで大きくし、女の子達が完全に入るように傘を造る。だいぶ頑丈だから矢を防ぐ位大丈夫だ。
俺だけならいいが、彼女達は消滅者ケスモノを持ってないからな。
「いいかい?絶対にここを出たら駄目だよ?いいね?」
「えっ、どこか行っちゃうのです?」
不安そうにして狐の獣人の女の子が俺を見てくる。
「いや、ちょっと黙らせて来るだけさ」
さっさと終わらせよう、この子達がかわいそうだ。
消滅者ケスモノの力を纏い、鉄の傘から出て、まず矢を消滅させる。消滅者ケスモノによるものだ。矢がなければ弓なんてただの棒だ。
「なっ、どうなっている!?どうして矢が!」
「俺が消したんだよ、ウザいからね」
「クソッ、怯むな!魔族の手先の化けの皮をはいでやれ!」
俺が魔族の手先か、傑作だな、こいつらは自分の事だけしか考えていない、そんな奴に俺が殺せるとでも?
考えなしに手に持っていた物や石を投げて来る。
学習しないのか?こいつら?そんな物きかないって。
「ダメだ、何も効かない・・・どうします!?」
「まっ、魔族の子供を狙え!あいつ等だけは絶対に殺せぇぇぇぇ!!」
ちっ、俺を狙ってくれてたらよかったのに・・・
もういい、あいつは殺すか。
精製・強化・鉄の傘。
女の子達を鉄の傘で覆い、危害を加えれないようにする。
彼女達には悪いけど少し閉じ込められた感覚だろう
な。それにあの子達には見てほしくないからね。
肉体強化カンセレイン・発動。
肉体強化により速度を上げ、首謀者に一気に近づく。
「ひっ・・・たっ、助けて・・・命だけは・・・」
は?何言ってんの?こいつ、あの子達は殺せと言っといて自分は死にたくないなんて頭おかしいのか?
「誰が助けるか、お前は罪もない子供を殺そうとしたんだ、助ける訳がないだろ」
「うわぁぁぁぁ」
最後の足掻きだろうか?首謀者がナイフを突き刺してきたが、ナイフを消滅させ、座り込んだ首謀者の胸ぐらを掴み、無理やり立たせる。
「楽に死ねると思うなよ」
首謀者に消滅者ケスモノの力を少しづつ使い、指先から灰していく。
「ぎゃぁぁぁ、指がぁぁぁぁ」
うるさいな、ぎゃあぎゃあと。
群衆からの視線に気づき、群衆を見ると、絶望の目をしている。
まぁ仕方ないか、首謀者が目の前で少しづつ消えていくからな。
消滅者ケスモノ・停止
創造者ツクルモノ・発動
精製・肉体
首謀者の灰になった部分を造り直す。これで大丈夫だろ。
「これが死の恐怖だ、お前はあんな子供にこの恐怖を与えていたんだぞ?俺はお前らは殺さない、だが、次やったら本当に殺すからな」
「はっ、はいぃぃぃ」
逃げて行く首謀者達を見て、安心した。
途中まで本気で殺しそうだった・・・頭に血が登ったからかな・・・



読んでくださった方は感想を書いて頂けると有難いです。
誤字等があればコメントで言っていただけるとありがたいです。

「極限まで進化した頂点者の異世界生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • yuuukaaapon

    yuuukaaaponです。いつも息子がお世話になってます\(^o^)/
    すっかりあなたの小説にはまっております。家族で応援してますよd=(^o^)=b 自称ファン1号より(^3^)/

    1
コメントを書く