話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

極限まで進化した頂点者の異世界生活

紫銀

十二話救出

魔族と獣人か、この世界では人間に嫌われてるのか?
そこまで確認すると、体が落ち始める。
「よっと」
「海斗何か分かった?」
「うん、この騒ぎの元凶は魔族と言う種族みたい、気になるからちょっと行って来るな」
あの女の子達が、このままだといつ手を出されるか分からない。
「私も・・・」
「いや、架菜は残ってくれ、どうしても駄目な時に備えていてくれ」
そっちの方が安全だ、それに俺があの子達を助けて捕まる可能性もある。
「分かった」
「じゃあ行って来る」
そして、再び飛躍ハイジャンプを発動する。
今度は上じゃなく斜めに跳び、家の壁を跳ねながら進む。
見えた!クソッ遅かったか。
目に映る女の子達は、俺と同じ位の女の子の魔族が他の小さい子達を守って男達から暴行を受けている。
その、男達に飛躍ハイジャンプの勢いのまま蹴りを入れる。
そうすると、一人の男が吹き飛び、群衆の中に消え、悲鳴が聞こえる。
一人目。
「なんだ!?」
そのまま、戸惑っている別の男の腹部を殴る。
殴りをモロに受けた男は腹部を抑え倒れ、動かなくなる。二人目。弱いな・・・
「ガキがぁ!」
状況を理解した残りの男達がナイフを取りだし、襲いかかっ来る。
ちっ、刃物かよ。
精製・ナイフ。
創造者ツクルモノで生み出したナイフで、男達のナイフを受け流し、腹部を膝で蹴り上げる。
男達は、腹部を殴られた男と同じようになり、動かなくなる。
三、四人目。
あの子達に手を出してたのはこれだけか。
「あんたら、子供相手に何してあがる!」
「なんだ君は、急に出てきて!我々の復讐の邪魔をするか!」
男達が全員動かなくなると、一人の男が群衆から出てくる。
貴族か何かなのだろう、宝石付いた大量の指輪を嵌めていて、服装もきらびやかだ。
あ?復讐?そんな物のために、こんなに暴行を加えたのか?こいつら?この女の子達に?そしてあいつはこの騒動の首謀者って訳か。
「お前ら、復讐か何だか知らねぇがこんな女の子に暴行するなんて頭おかしいのか?」
「我々は家族を魔族に殺されたのだ!その復讐を果すのだ!それの何がいけない!」
「それはこの子達が殺したのか?」
「うっ・・・」
やっぱりか、こいつらは大人の魔族では勝てないから集団になって子供の魔族に暴行をしてただけの、クズだ。
「そんな物はどうでもいいんだ!魔族は魔族だ!殺すのみだ!」
「あ?今何つった?」
殺すだ?抵抗もしたい女の子達をか?
頭いかれてないか?こいつら。
「ふざけてんのか?お前ら?無抵抗の子供の女の子を殺すだ?じゃあ、お前らの家族を殺した奴に何故しない、勝てないからって子供を殺していい訳ないだろが?」
「くっ・・・」
これ以上は無駄だ、彼女達を連れて帰ろう。
架菜も待ってるしな。
「大丈夫かい?」
「はっ、はい・・・」
急に声をかけたからか彼女達はびくびくとしていたが、言葉を返せる位だから大丈夫か。
「あっ、ダメ!」
立ち上がろうとすると狐の獣人の女の子が止めてきて、後ろから何かが飛んで来るのを感じた。
消滅者ケスモノ・発動。
飛んできた物は俺に当たる前に灰となり、消滅した。



読んでくださった方は感想を書いて頂けると有難いです。
誤字等があればコメントで言っていただけるとありがたいです。
今回は二話同時更新です




「極限まで進化した頂点者の異世界生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く