話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

極限まで進化した頂点者の異世界生活

紫銀

十話街

能力を確かめた俺達は、移動して、街を探すことにした。
どれくらい歩いただろうか?時々俺の能力で水や食べ物を造り出し、休憩を挟みながら進んだ。
そして、一つの街を見つけた。
中心には赤い屋根に白い壁の城が建っている。
「そういえば言葉って通じるのか?」
「そうだった・・・まぁ行ってみないと分からないし、一回行ってみようよ」
「分かった」
街に近づいていくと、人々の声が聞こえてくる。
街に入り、耳を澄ませる。
大丈夫日本語だ。
「言語日本語みたいだから大丈夫だよ」
「そうなの?ならよかった」
「まずは宿でも探すか」
食べ物も問題だな。創造者ツクルモノで何かを作ったら、体がどっと疲れるからそんなに長続きはしない。
「そうだね、でもお金はどうするの?」
「それも俺が造るよ、もうそんなに多くは造り出せないと思うから、稼ぎ口を探さないとな」
「あんまり無理しないでね」
「あぁ」
宿を探して街を歩くと、一つの建物が目に入る。
周りの建物とは比べ物にならない位大きく、看板の様な物には剣がクロスされている。
「あれが、statusステータスに書かれていた、ギルド関係の建物かな?」
「そうみたいだね」
「後で行ってみよう」
今行ってもいいが、義弟おとうと達がいるから行けない。
街の奥の方に行くと、一軒の宿が目に入る。
第一デカイ、外装は綺麗ではなく、普通だが、デカイ。
多分ここらの人が使う宿だろう。
看板があったがやっぱり読めないな・・・
ん?なんだ?ステータスが点滅してる?
まぁいい、後で見ておこう。
「ここにするか」
「そうだね」
*
宿に入ると、優美さんと同じ位の青髪の女性がカウンターにいた。
あれ?ステータスが見える?えっと、名前はサレン?
「いらっしゃい、あら?珍しいわね、団体のお客様なんて」
「どうも、あの、泊まりたいんですが、この人数でも大丈夫ですか?」
「あぁ、大丈夫だよ、何泊だい?」
「えっと、じゃあ七日間で」
どの位かかるか分からないから一週間で泊まれるかを知りたいからな。
二十人もいるから結構かかるだろうな。
「うちは七泊大銅貨一枚だから四人で大銅貨四枚だよ」
ん?四人?
「えっ、四人って・・・」
「後ろの子供達は奴隷だろう?でなきゃそんな人数子供を連れてないよ」
奴隷・・・そんなものがあるのか、でも助かった、全員分の金額を造り出すのはキツイからな。
「それでお願いします」
「それじゃ、大銅貨四枚だよ」
大銅貨は見てないな・・・銀貨はここに来る前に見たし、多分大銅貨より高いだろうから銀貨でいいか。
精製・銀貨三枚。
手の平に銀貨を精製し、サレンさんに一枚を差し出す。
「銀貨かい?見た目に対して持ってるんだね、ほら大銅貨六枚のお釣だよ」
大銅貨六枚ってことは銀貨は大銅貨十枚か。
「じゃあそこにある、記名石に手を乗せておくれ」
「えっ、あっはい」
記名石か、これで登録をするのだろう。
記名石に手を乗せると、記名石が光り出し俺の名前が表示される。
「もういいよ、はい鍵、部屋は二階の一番端から三部屋全部だよ、風呂は大浴場よ使ってくれていいからね」
今ので終わりなのか、文字書けないから良かった。
でも風呂があったのはラッキーだったな。
サレンさんから鍵を受け取り、部屋に向かう。



今回は少し長めに書いています。
読んでくださった方は感想を書いて頂けると有難いです。
誤字等があればコメントで言っていただけるとありがたいです。
この作品の表紙絵は、雲抹わんむつさん(友人)に書いていただいた絵です。
絵の評価もお願いします。

「極限まで進化した頂点者の異世界生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 雲抹

    うぽつです。表紙絵気にいって貰えてなによりです。これからも投稿頑張って下さい。応援しています

    1
コメントを書く