話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

極限まで進化した頂点者の異世界生活

紫銀

九話広夜・優美・紗奈の能力

今まであったことを広夜さんと優美さんに伝えると、二人共驚いた顔をしたが、状況を理解したのか。
何も言っては来なかった。
「じゃあ、広夜さん、優美さん俺と同じように目の前のstatusステータスって書かれてる光に触れてみて」
「分かった」
「了解」
二人が操作をして、広夜さんと優美さんの能力が見えるようになる。
広夜さんの固有能力は聖父ファザーで、初めて見た物に習得能力、料理人チョウリシャ.レベル10だった。
優美さんの固有能力は聖母マザー見抜者ミヤブルモノだ。
聖父ファザー・子供を守り、愛する者。聖人ホーラーの効果を持つ。
料理人チョウリシャ・どんな食材でも捌ける包丁の精製。
聖母マザー・子供を愛する者。治癒者イヤスモノの効果を持ち、子供のどんな傷でも癒す。
見抜者ミヤブルモノ・嘘、擬態を見抜く。
二人共子供関係の能力が多い。
「これがこの世界の能力なのか、料理人チョウリシャの習得能力は、練習をしてたらえとくできる物だろうね」
「そうだろうな」
固有能力と習得能力か、他にもありそうだな。
それにレベルってことは、固有能力はないが、他の能力にはレベルがあるみたいだな。
「さて、次は紗奈達だな」
この人数の能力を確かめるのはキツいぞ。
「そうと決まったら、さっさとやろう、時間がないよ」
「あぁ、そうだな」
この世界の時間の進み方は分からないが、夜は危険だろう。こんな風な能力があると言うことは、よく言う魔物とかもいそうだしな。
「そうと決まったら早速やろうか」
次々と義弟おとうと達を起こし、能力をみていく。
驚いたことに、紗奈以外は固有能力習得者マナブモノだけを全員持っているだけだった。
そして、一人だけ違う能力を持っていた紗奈の能力は、時ノ者トキノモノ運命者ドゥームだ。
時ノ者トキノモノ・時間を飛ぶ者。時空者エターナルと同等の力を持つ。
運命者ドゥーム・運命を導く者。血族はこの能力を受け継いでいく。占い師パーミストの能力を持つ。だった。
この中で一番凄いのは紗奈ではないだろうか。
険しい顔をしていると、紗奈が涙目でこちらを見ている。
「何か・・・おかしいの?私?」
「ごめんごめん、違うよ、心配させたか?」
「うん・・・」
今にも泣きそうな紗奈の頭を撫でる。急なことで紗奈も不安何だろう。
まぁいい、どんな奴が来ようと紗奈には指一本も触れさせない。
「大丈夫、どんな奴が来ようと俺が紗奈を守ってやる」
「絶対だよ?」
「あぁ、約束だ」
そう言うと、紗奈は満面の笑みを浮かべる。
絶対に守ってやる、紗奈も架菜も全員。絶対に。



読んでくださった方は感想を書いて頂けると有難いです。
誤字等があればコメントで言っていただけるとありがたいです。

「極限まで進化した頂点者の異世界生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ショウ

    頑張ってください

    6
コメントを書く