話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

極限まで進化した頂点者の異世界生活

紫銀

7話ステータス・能力

「これ、何だろ?」
俺、黒羽海斗くろばかいとは幼馴染みの優白架菜ゆうびゃくかな、母親のような存在の代木優美しろきゆうびさん、父親のような存在の代木広夜しろきひろやさん、本当の兄弟のような義妹いもうと代木紗奈しろきさな達と共に、異世界に転生した。
そこまで頭が理解すると、周りの情報が欲しくなり、周りを見ると、statusステータスと書かれている紫色の光が見える。
その光は安定しないのか、テレビが砂嵐の状態のように、途切れたりしている。
光は顔を動かしたらその方向へ移動し、ついて来るようだ。
試しに光に触れてみると、光が広がり、目の前一面に広る。
そして、一つの表示が目に入る。
「固有能力?」
固有能力と書かれている表示の下に能力が示されていた。
消滅者ケスモノ創造者ツクルモノ記憶者メモリア相愛者アイサレルモノだ。
消滅者ケスモノ・神力を使い、万物を消滅させる。
創造者ツクルモノ・神力を使い、万物を造り出す。
生物は産み出せない。
記憶者メモリア・完全記憶。
相愛者アイサレルモノ・絶対なる愛を受ける者。純愛者アイスルモノがいないと発動しない。だった。
消滅者ケスモノ創造者ツクルモノは俺の前からの力だろう。
記憶者メモリアもそうか?一度みたら忘れないから完全記憶か、この力も前から持っていたのか?
ただ、相愛者アイサレルモノはなんだ?
純愛者アイスルモノがいないと発動しないか、そんなやつは・・・架菜だけか。
「なぁ架菜、俺の目の前にあるものが見えるか?」
「えっ?何も見えないけど・・・」
やっぱりか、ん?これはなんだ?
固有能力に目がいって気づかなかったが、可視化と書かれている表示がある。
そして、そのまま表示に触れる。
「架菜、これなら見えるか?」
「えっと、うん、この固有能力とか?」
「そう」
ちゃんと見えているようだ。
じゃあ次は、架菜の能力に純愛者アイスルモノがあるかだな。
架菜に今までやったことを伝え同じ事をしてもらう。
すると、架菜のstatusステータスが見れるようになる。
「これは・・・」
架菜のstatusステータスを見ると、俺と同じように固有能力が示されていた。



読んでくださった方は感想を書いて頂けると有難いです。
誤字等があればコメントで言っていただけるとありがたいです。
今回は登場人物の振り返り、能力を書きました。

「極限まで進化した頂点者の異世界生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ショウ

    頑張ってください

    1
コメントを書く