話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

極限まで進化した頂点者の異世界生活

紫銀

六話転生

「ここは、どこ・・・だ?」
目を覚ますと、そこは見たこともない大草原か広がっている。
「そうだ、架菜は!?」
周りを見ると、草原の上で気持ち良さそうに眠っている架菜と、紗奈、広夜さん・優美さんがいた。
他の義弟おとうと義妹いもうと達もいる。
「おい、架菜!起きろ!」
「後五分・・・」
こいつ、いつもは俺に行って来るくせに自分も弱いじゃんかよ。
にしても、ここはどこだ?
俺はたしか、昔の記憶を取り戻して・・・街を、消滅・・・させた?
昔にあった山が謎の消滅をしたのも・・・俺がやったのか?
もしかして、俺は人間じゃないのか?
「ふにゅう、海斗?」
「おっ、起きたか架菜」
考えるだけ考えても仕方ない、それに______
「ここ、どこ?」
ここは、地球じゃないきがする。
「さぁ、でも、地球じゃない」
「じゃあ、ここは・・・」
「思い出してみろ架菜、お前目が覚める前、どうなってた?」
それが一番の問題だ。さっきのことが夢とは思わないが、夢であってくれたら最高だ。架菜が死んだなんて認めたくない。
「何かに・・・押される感じがして・・・トラックに・・・引かれた?」
やっぱり夢じゃ・・・なかったか・・・
「そう・・・だよな・・・」
それで、俺の力が・・・暴走した?
何だったか・・・誰かに教えてもらった気がする。
たしか、破壊の力と創造の力を俺があの日手に入れたことを。
その破壊の力が暴走して、街ごと・・・消したのか?
だから、優美さんと広夜さん、義弟おとうと義妹いもうと達もいるのか。
「てことは、ここは、異世界・・・なんだな」
転生、そんな事は信じていなかった。だが、ここは紛れもなく異世界だ。
「異世界・・・」
「そう、異世界」
何かの衝動で、この世界に来てしまったが、この力があれば、架菜を・・・家族を守れる!
「私は二度目の人生ってことか・・・」
「そうだな」
多分だが、俺達は皆死んだ・・・
だが、この力で、家族の力で、この世界を生きていってやる。
「死んじゃったのに、何でかワクワクするよ海斗」
「そうだな」



読んでくださった方は感想を書いて頂けると有難いです。
誤字等があればコメントで言っていただけるとありがたいです

「極限まで進化した頂点者の異世界生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ショウ

    誤字そして病気や怪我がないよう頑張ってください

    1
コメントを書く