話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

極限まで進化した頂点者の異世界生活

紫銀

三話放課後

学校に着いた俺達はそれぞれの教室に別れ、教室に入って行く。
「おはよう」
「おはよう黒羽、今度勉強教えてくれ」
「またそれか、まぁいいけどな」
俺はクラスでは成績一位に近い、だからとても頼られる。
記憶力がいいのか、一度見た物を忘れないのだ。
応用で間違えたりして一番ではないが。
そのまま席に着き、授業の準備をする。
本を読んでいると、担任が教室に入って来る。担任はさっさと連絡を済ませ出ていく。
早く放課後になんないかなー、そんなことを思いながら授業を受ける。
時間はあっと言うまに過ぎ、放課後になる。

「海斗~、帰ろ~」
「うん、分かった」
俺のクラスの午後のホームルームは架菜クラスより遅い。
そのため、俺のクラスが終わった頃にはもう架菜が待っている。
「雨降ってきたね」
「あぁ、最悪だ」
よりにもよってこのタイミングで雨降るなよ・・・
俺はなぜか雨が降ると、頭痛がする。ずっとだ。
まぁ、もう馴れてきたが。
「傘もってきた?」
「いや、でも折り畳み式のを持ってる」
「ちぇ、せっかく一緒の傘に入れてあげようと思ってたのにー」
それは惜しかったな、まぁ言ってしまったことだ、諦めよう。
・・・雨ひどくね?
「あーぁ本降りになってきたよ」
「これ以上ひどくなる前に帰ろう、自転車は明日にしよう」
「そうだね」
なんだ?何か胸騒ぎがする。
「海斗、早く」
いや、気のせいか?
「分かった」



今回は少し短めです。すいません。
次回は残酷な描写があります、苦手な方は読まない方がいいです。
読んでくださった方は感想を書いて頂けると有難いです。
誤字等があればコメントで言っていただけるとありがたいです。
因みに作者は頭はよくないです・・・



「極限まで進化した頂点者の異世界生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く