話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

極限まで進化した頂点者の異世界生活

紫銀

二話学校

「ふわぁぁ」
あぁ、眠たい。
「あっ、やっと起きた!海斗かいと!いつまで寝てるの!早く着替えて!」
「後五分・・・」
「そうやっていつも、起きないじゃない」
朝からうるさいこいつは、孤児院で同時期に入った優白架菜ゆうびゃくかな、ずっと俺と一緒の学校で幼馴染みと言うやつだ。
架菜は支度がもう終わっているらしく、日本人にしては珍しい茶髪を、セミロングにセットしている。
俺はここに来る前の記憶がない、でも今は何とも思っていない。新しい家族が増えたからだ。
「朝から騒々しいですよ!二人共!」
「「すいません!優美ゆうびさん!」」
部屋の奥から出てきた彼女は俺と架菜の母親代わりの人、代木優美しろきゆうびだ。俺と同じ黒髪で、ストレートの綺麗な髪をしている。
年は四十代後半でこの孤児院の建設者である。
海斗かいと架菜かなももう中学生なんだからしっかりしなさい!」
「「はい・・・」」
優美ゆうびさんはなぜか、あの年で威厳が凄い・・・
怖すぎる。
「お前のせいだぞ」
「あんたのせいでしょう」
「あんた達・・・」
架菜かなと言い合っていると、優美ゆうびさんがもの凄い形相でこちらを見ている。
「「へっ?」」
「全然反省してないじゃない!!」
「「ごめんなさぁい!」」
今日も騒がしい孤児院の朝です。

「あんなに怒らなくてもいいのに・・・」
架菜が朝食をつまみながら愚痴を溢す。
「仕方ない、今日は俺が悪い」
「まだ、その話をしてるの?そろそろ忘れたらどうだい?いつものことなんだしさ」
「そうは言いますけど、ひろさん、今朝のことですよ?」
愚痴を聞いているのは代木広夜しろきひろやさん、優美さんの夫でここの父親代わりの人だ。短髪の黒髪で、いつもなぜか浴衣を着ており、ザ・日本人みたいな人だ。
いつも朝食は広夜さんが作ってくれている。
「そうだな、それより早く喰ってくれ、そろそろ紗奈さな達が起きて来るんだ」
「了解」
この孤児院は子どもが二十人もいる。
全員の相手を二人でできる訳ではないので、俺や架菜の上の奴等が手伝いをする。
さっさと食事を終え、制服に着替える。
「おはよう、海にぃ、架菜ねぇ」
「おはよう紗奈、顔洗ってこい」
「ふわぁい」
紗奈は俺達抜きで一番上で小学四年生だ。
紗奈が起きて来ると次々に下の子が起きて来る。
朝の戦争だ。次々に起きて来る、義妹いもうと義弟おとうとの世話をする。
全員が朝食を食べ終える時には、もうくたくただ。
「今日も終わったぁ」
「今からだけどな」
「そうね・・・」
因みに義弟おとうと達は学校に登校している。
俺達はチャリなので少し経ってから登校して行く。
「そろそろ行くか」
「そうね」
学校に行く準備をして、玄関に急ぐ。
玄関には優美さんと、広夜さんが待っていてくれていた。
「行って来まーす」
「行ってらっしゃい」
優美さんと、広夜さんと別れ、自転車に足をかける。
「行くか」
「うん」



読んでくださった方は感想を書いて頂けると有難いです。
誤字等があればコメントで言っていただけるとありがたいです

「極限まで進化した頂点者の異世界生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ショウ

    反省してたいになってます

    1
コメントを書く