話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

極限まで進化した頂点者の異世界生活

紫銀

一話孤児院

「奇跡としか言いようがない・・・」
「えぇ、あの謎の山の消滅から一人生き残れていたんだ奇跡なんてそんな次元の問題じゃない」
山の消滅から一週間後、一人の少年が消滅した山の付近で見つかった。
ありえない事だ、謎の消滅の消滅範囲内にいて助かっているのだ。
「彼はなぜあの中で生きていれたんだ?」
そして、一つの疑問が浮上する。
「ただ生きているだけで怪我もしていたんだ、彼が生きている理由なんて分からないよ」
「そうですよね」
「さて、この子はどうしたものか」
少年の親はこの消滅で一緒に消えている。祖父母もすでに他界しており、引き取れる者はいない。
「孤児院にでも連れて行くしかないのか・・・」
「孤児院ですか」
「あぁ、彼はまだ幼い、この事件の事も忘れることは出来る。心に傷を負う前に孤児院などで忘れることが良いだろう、孤児院への手配を頼む」
「分かりました」
警察である二人に出来る事は限られる、二人は出来る事の全てを少年に行い、孤児院へと少年を送り届けた。




読んでくださった方は感想を書いて頂けると有難いです。
誤字等があればコメントで言っていただけるとありがたいです

「極限まで進化した頂点者の異世界生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 垂直抗力(元ラノベ大好きサムライ)

    みじけぇ

    0
  • ☂︎兎鬼/Toki☂︎

    読みやすいですねぇ♪

    1
  • ショウ

    誤字がはればになってますよ

    2
コメントを書く